先頭に戻る

低電力、デュアル、ホール効果センサ

業界初、印加磁場の方向と速度を測定するデュアルホール効果センサ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

主な特長

  • 1.7V to 5.5V Supply Voltage Range
  • Ultra-Low Supply Current
  • Adjustable Thresholds
  • Adjustable Duty Cycle
  • Direction Indicator
  • CMOS Output Eliminates the Need for an External Pull-Up Resistor
  • Tiny 1.2mm x 1.7mm, 6-Bump WLP
  • -40°C to +125°C Temperature Range

アプリケーション/用途

説明

The MAX9641 is dual, low-power Hall-effect sensor. Using two sensors spaced apart on the die, it detects the direction and frequency of a magnetic field. The user can select one of three preset thresholds and one of three sampling rates to minimize power dissipation. The MAX9641 is offered in a 6-bump WLP (1.2mm x 1.7mm x 0.6mm).

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。