先頭に戻る

3V/5V低電力、低入力バイアス、CMOS、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ

低ノイズと低IBIASが重要なアプリケーションに、低電力でコスト効率の高いソリューションを提供

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1.5
Input IBIAS (nA) (max) 0.00080
VOS (µV) (max) 2200
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.1
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.48
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1.5
Input IBIAS (nA) (max) 0.00080
VOS (µV) (max) 2200
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.1
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.48

主な特長

  • 高精度トランスインピーダンスアンプアプリケーションに最適
    • 超低バイアス電流:0.1pA
    • 1.5MHzの広帯域幅
    • 低入力電流ノイズ密度:0.9fA/√Hz
  • バッテリ寿命を延長
    • 単一電源動作VDD = 2.1V~5.5V
    • 低自己消費電流:36µA
    • シャットダウンの自己消費電流:1µA
  • 基板スペースの節減
    • 6ピンと8ピンSC70、および10ピンUTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 圧電トランスデューサアンプ
  • ポータブル医療機器
  • 煙検出器
  • タブレット
  • トランスインピーダンスアンプ

説明

MAX9636/MAX9637/MAX9638は、低自己消費電流で広い帯域幅を備えた単一電源CMOS入力オペアンプであり、ポータブル医療機器、ポータブルメディアプレーヤー、および煙検知器などの幅広いバッテリ駆動アプリケーションに最適です。超低入力バイアス電流、低入力電流ノイズ、および低入力電圧ノイズの組合せによって、フォトダイオードおよび圧電センサーなどのハイインピーダンスソースとのインタフェースが可能です。これらのデバイスは、ポータブルバッテリ駆動アプリケーションにおけるフィルタリングや増幅などの汎用信号処理機能にも最適です。

これらのICは、消費電流に対する利得帯域幅(GBW)の比率が最大化されています。これらのデバイスは、2.1V~5.5Vの単一電源で動作し、標準的な自己消費電流は36µAとなります。追加の節電機能として、MAX9636およびMAX9638は、低電力シャットダウンモードを備えており、消費電流を1µAまで低減し、アンプの出力をハイインピーダンス状態に移行させます。

これらのICは、-40℃~+125℃の自動車用動作温度範囲が保証されています。シングルは、省スペースの6ピンSC70パッケージで提供され、デュアルは小型の8ピンSC70および10ピンUTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX9636、MAX9637、MAX9638:ブロックダイアグラム MAX9636、MAX9637、MAX9638:ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。