先頭に戻る

18ビットSAR型ADCフロントエンド用、デュアル36Vオペアンプ

ADCバッファに最適な高速セトリング高電圧オペアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高分解能ADCドライバ
    • 利得帯域幅:27MHz
    • 16ビット精度へのセトリング時間:750ns
    • THD:130dB (10kHz時)
    • 低入力電圧オフセット:200µV (max)
    • 超低入力電圧ノイズ:3nV/√Hz
    • 低入力オフセット温度ドリフト:0.9µV/℃ (max)
    • ユニティゲイン安定
  • 広範囲の産業アプリケーションに対応
    • 広い電源範囲:4.5V~36V
  • 信頼性の向上
    • ±5kV HBM ESD保護
  • 基板スペースの削減
    • 8ピンTDFNおよびSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • ADCドライバ
  • データ収集および計測
  • 高性能オーディオ回路
  • 画像処理システム
  • モータ制御
  • パワーグリッドシステム
  • 試験および測定機器

説明

MAX9633は、DC~数MHzのアプリケーション向けのADCの駆動用に最適化された低ノイズ、低歪みのオペアンプです。MAX9633は、低ノイズ(1kHzでは3nV/、100Hzでは3.5nV/)および低歪み(10kHzで130dB)を備えているため、産業、医療、および試験用アプリケーションに最適です。

超高速セトリング時間と低入力オフセット電圧によって、このICは、高分解能の12ビット~18ビットSAR ADCを駆動するための優れたソリューションとなります。

このICは、最大36Vまでの広い電源電圧範囲で動作し、アンプ当りの自己消費電流はわずか3.5mAとなります。

このICは、3mm x 3mmの8ピンTDFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9633:標準アプリケーション回路 MAX9633:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。