先頭に戻る

36V、高精度、低ノイズ、高帯域アンプ

ADCバッファに最適な高速セトリング、高電圧オペアンプ

製品の詳細

MAX9632は、非常に広い+4.5V~+36Vの電源電圧範囲で動作可能な低ノイズ、高精度、高帯域オペアンプです。このICは、デュアル(±18V)または単一電源モード(36V)で動作します。

超高速セトリング時間と低歪みによって、このICは、高精度収集システムの優れたソリューションとなります。レイルトゥレイル出力振幅によって、低電源電圧の場合でも高分解能の24ビットΣΔ ADCを駆動するときのダイナミックレンジが最大になります。

このICは、55MHzの利得帯域幅積と超低0.94nV/入力電圧ノイズを達成し、自己消費電流はわずか3.9mAとなります。

このICは、8ピンSO、µMAX®、およびTDFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

主な機能

  • 高分解能ADCドライバアプリケーションに最適なDCおよびAC性能
    • 利得帯域幅:55MHz
    • セトリング時間:600ns (16ビット精度の場合)
    • THD:-128dB (10kHz時)
    • 低入力オフセット電圧:125µV (max)
    • 超低入力電圧ノイズ:0.94nV/√Hz
    • 低入力オフセット温度ドリフト:0.5µV/℃(max)
    • ユニティゲイン安定
  • 高電圧フロントエンド用の広い電源範囲
    • 電源範囲:+4.5V~+36V
  • ESD保護によって信頼性を向上
    • ESD:±8kV HBMおよび±1kV CDM
  • 低ピン数パッケージによって基板スペースを低減
    • 8ピンSO、µMAX、TDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATE
  • 高分解能ADCドライバ
  • 高分解能DACバッファ
  • 低ノイズ信号処理
  • 医療用画像処理
  • 試験および測定システム

簡略化されたブロック図

MAX9632:標準アプリケーション回路 MAX9632:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAXSANTAFEEVSYSキットを使うと、ベンチ電源、信号発生器、またはXilinx開発キットを必要とせずに、4チャネル16ビット、絶縁型アナログフロントエンド(AFE)リファレンスデザインのMAXREFDES5の機能を迅速にデモおよび評価することができます。このリファレンスデザインボードは、電源とデータ通信の両方をボードに提供する付属のUSB-SPIアダプタを介してPCに接続されます。AFEリファレンスデザインをテストするために、マキシムのデジタル-アナログコンバータ(DAC)の1つを利用したUSB給電式の信号発生器ボードも含まれています。Windows®ベースのグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)は、ボードと通信して各種のアナログ信号テストパターンを生成し、AFEの測定データへのアクセスを簡素化します。

MAXSANTAFEEVSYSユーザーマニュアルがダウンロード可能です。

MAXREFDES5リファレンスデザインは、-10V~+10V、0V~10V、および4~20mAの電流ループ信号を許容する4チャネルアナログフロントエンド(AFE)です。この設計は、マルチレンジ入力設定機能を備えた16ビットADC (MAX1301)および低ノイズ、ハイインピーダンスアナログバッファ(MAX9632)を2つの入力チャネルに備え、16ビットシステムで最高の性能を実現するための超高精度4.096V電圧リファレンス(MAX6126)を内蔵しています。600VRMSデジタルアイソレータ(MAX14850)と3Wトランスドライバ(MAX256)は、必要な絶縁型データおよび電源接続をホストシステムに提供します。LDOレギュレータ(MAX1659)は、安定化された+12V、-12V、および5Vの電源レールをアナログフロントエンドに提供します。

EVキットの内容
  • MAXREFDES5 4チャネルAFEボード
  • USB2PMB1 USB-Pmod Type 2Aアダプタボード
  • MAX5216DACLITE信号発生器ボード
  • フッククリップを備えた2本のワイヤ(赤 x 1、黒 x 1)
  • 2本のUSB Type Aオス-USB Type B Miniケーブル
  • ドキュメント、GUIアプリケーション、およびUSBドライバを備えたUSBフラッシュドライブ

詳細を見る

特長

  • 必要物をすべて含んだMAXREFDES5用の簡便な評価キット
  • 一般的なアナログ入力範囲を備えた最適化されたAFE
  • 小型形状のテストプラットフォーム
  • 関連する全リファレンスデザインファイルが付属

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 高分解能ADCドライバアプリケーションに最適なDCおよびAC性能
    • 利得帯域幅:55MHz
    • セトリング時間:600ns (16ビット精度の場合)
    • THD:-128dB (10kHz時)
    • 低入力オフセット電圧:125µV (max)
    • 超低入力電圧ノイズ:0.94nV/√Hz
    • 低入力オフセット温度ドリフト:0.5µV/℃(max)
    • ユニティゲイン安定
  • 高電圧フロントエンド用の広い電源範囲
    • 電源範囲:+4.5V~+36V
  • ESD保護によって信頼性を向上
    • ESD:±8kV HBMおよび±1kV CDM
  • 低ピン数パッケージによって基板スペースを低減
    • 8ピンSO、µMAX、TDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATE
  • 高分解能ADCドライバ
  • 高分解能DACバッファ
  • 低ノイズ信号処理
  • 医療用画像処理
  • 試験および測定システム

説明

MAX9632は、非常に広い+4.5V~+36Vの電源電圧範囲で動作可能な低ノイズ、高精度、高帯域オペアンプです。このICは、デュアル(±18V)または単一電源モード(36V)で動作します。

超高速セトリング時間と低歪みによって、このICは、高精度収集システムの優れたソリューションとなります。レイルトゥレイル出力振幅によって、低電源電圧の場合でも高分解能の24ビットΣΔ ADCを駆動するときのダイナミックレンジが最大になります。

このICは、55MHzの利得帯域幅積と超低0.94nV/入力電圧ノイズを達成し、自己消費電流はわずか3.9mAとなります。

このICは、8ピンSO、µMAX®、およびTDFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX9632:標準アプリケーション回路 MAX9632:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。