MAX9632

36V、高精度、低ノイズ、高帯域アンプ

ADCバッファに最適な高速セトリング、高電圧オペアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX9632は、非常に広い+4.5V~+36Vの電源電圧範囲で動作可能な低ノイズ、高精度、高帯域オペアンプです。このICは、デュアル(±18V)または単一電源モード(36V)で動作します。

超高速セトリング時間と低歪みによって、このICは、高精度収集システムの優れたソリューションとなります。レイルトゥレイル出力振幅によって、低電源電圧の場合でも高分解能の24ビットΣΔ ADCを駆動するときのダイナミックレンジが最大になります。

このICは、55MHzの利得帯域幅積と超低0.94nV/入力電圧ノイズを達成し、自己消費電流はわずか3.9mAとなります。

このICは、8ピンSO、µMAX®、およびTDFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。
MAX9632:標準アプリケーション回路 MAX9632:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 高分解能ADCドライバアプリケーションに最適なDCおよびAC性能
    • 利得帯域幅:55MHz
    • セトリング時間:600ns (16ビット精度の場合)
    • THD:-128dB (10kHz時)
    • 低入力オフセット電圧:125µV (max)
    • 超低入力電圧ノイズ:0.94nV/√Hz
    • 低入力オフセット温度ドリフト:0.5µV/℃(max)
    • ユニティゲイン安定
  • 高電圧フロントエンド用の広い電源範囲
    • 電源範囲:+4.5V~+36V
  • ESD保護によって信頼性を向上
    • ESD:±8kV HBMおよび±1kV CDM
  • 低ピン数パッケージによって基板スペースを低減
    • 8ピンSO、µMAX、TDFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATE
  • 高分解能ADCドライバ
  • 高分解能DACバッファ
  • 低ノイズ信号処理
  • 医療用画像処理
  • 試験および測定システム

MAXSANTAFEEVSYS: MAXREFDES5 4チャネルアナログフロントエンドの評価キット
製品の信頼性レポート: MAX9632.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX32000
高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供

MAX40662
クワッドトランスインピーダンスアンプ、入力電流クランプおよびマルチプレクサ内蔵、LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • マルチプレクサ内蔵

MAX40027
デュアル280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時のばらつき:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V