先頭に戻る

低ノイズ、低歪み、1.35GHz、完全差動アンプ

小型3mm x 3mmパッケージ、超低歪み、高速セトリング差動出力アンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 低電圧ノイズ密度:3.6nV/
  • 低高調波歪み
    • -102/-105dBのHD2/HD3 (10MHzの場合)
    • -86/-80dBのHD2/HD3 (125MHzの場合)
  • 出荷時設定利得オプション:1V/V、2V/V、および4V/V
  • 小信号帯域幅:1.35GHz
  • 調整可能な出力コモンモード電圧
  • 差動-差動またはシングルエンド-差動動作
  • シャットダウン電流:25µA
  • 単一電源電圧:+2.85V~+5.25V
  • 小型、3mm x 3mmの12ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • ATE
  • 通信
  • 高性能計測
  • 医療用画像処理

説明

MAX9626/MAX9627/MAX9628は、DC~1.35GHzのアプリケーション用の低ノイズ、低歪み、および広帯域幅差動アンプ/ADCドライバです。超低入力基準ノイズと低歪みによって、これらの製品は、高速12ビット~16ビットのパイプラインADCを駆動するための優れたソリューションとなります。出力のコモンモードは、VOCM入力ピンを介して設定されるため、結合トランスまたはAC結合コンデンサが不要です。これらのICは、節電用のシャットダウンモードを備え、3mm x 3mmの12ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。