先頭に戻る

シングル/デュアルSC70、ゼロドリフト、高効率、1.5MHzオペアンプ、RRIO内蔵

SC70パッケージ、超低電力、ゼロドリフト高精度オペアンプ

製品の詳細

MAX9617~MAX9620は、低電力、ゼロドリフトオペアンプで、省スペースのSC70パッケージで提供されています。これらの製品は、ポータブル民生、医療、および産業アプリケーション用に設計されています。

MAX9617~MAX9620は、レイルトゥレイルCMOS入力および出力、わずか59µAの消費電流での1.5MHz GBW、および全時間と温度で10µV (max)ゼロドリフト入力オフセット電圧を備えています。ゼロドリフト機能は、CMOS入力オペアンプに通常見られる高い1/fノイズを低減するため、この製品は広範囲の低周波測定アプリケーションに有用です。

MAX9617およびMAX9619は、省スペース2mm x 2mmの6ピンSC70パッケージで提供されています。MAX9619は省電力シャットダウンモードを備えています。MAX9618は、2mm x 2mmの8ピンSC70パッケージで提供されています。MAX9620は、2mm x 2mmの5ピンSC70パッケージで提供されています。各デバイスは、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

主な機能

  • バッテリ寿命を延長
    • 低自己消費電流:59µA
    • 単一電源電圧範囲:1.8V~5.5V
    • 省電力シャットダウンモード(MAX9619)
  • 広範囲の高精度アプリケーションに対応
    • 超低入力オフセット電圧:10µV (max)
    • 超低入力バイアス電流:10pA
    • ユニティゲイン安定
    • 0.42µVP-P (0.1Hz~10Hz時)
    • GBW:1.5MHz
    • 42nV/√Hz (1kHz時)
    • レール・ツー・レール入力/出力
  • 基板スペースの削減
    • 5ピンSC70 (MAX9620)、6ピンSC70 (MAX9617/MAX9619)、および8ピンSC70 (MAX9618)パッケージ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 心臓モニタ
  • ループ駆動システム
  • ポータブル医療機器
  • センサインタフェース
Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1.5
Input IBIAS (nA) (max) 0.08
VOS (µV) (max) 10
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 2
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.74 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX9617、MAX9618:ファンクションダイアグラム MAX9617、MAX9618:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX9617の評価キット(EVキット)は、6ピンSC70パッケージで提供される低電力ゼロドリフトオペアンプのMAX9617を評価するための実証済みのデザインを提供します。このEVキット回路は、非反転アンプとして構成済みですが、いくつかの部品を変更することによって、その他のトポロジにも容易に適応させることができます。低電力、ゼロドリフト、入力オフセット電圧、およびレイルトゥレイル入力/出力段によって、このデバイスは、さまざまな低周波測定アプリケーションに最適です。部品パッドは、0805パッケージに対応しているため、はんだ付けや置換えが容易です。MAX9617のEVキットは、MAX9617AXT+が実装されています。

詳細を見る

特長

  • マルチオペアンプ構成に対応
  • 部品パッドによってサレンキー型フィルタが可能
  • レイルトゥレイル入力/出力
  • 使いやすい0805部品に対応
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX9618の評価キット(EVキット)は、8ピンSC70パッケージのデュアル低電力ゼロドリフトオペアンプのMAX9618を評価するための実証済みデザインを提供します。このEVキット回路は、非反転アンプとして構成済みですが、いくつかの部品を変更すれば、その他のトポロジにも適応させることができます。低電力、ゼロドリフト、入力オフセット電圧、およびレイルトゥレイル入力/出力段によって、このデバイスは、さまざまな低周波測定アプリケーションに最適です。部品パッドは、0805パッケージに対応しているため、はんだ付けや置換えが容易です。MAX9618のEVキットは、MAX9618AXA+が実装されています。

詳細を見る

特長

  • マルチオペアンプ構成に対応
  • 部品パッドによってサレンキー型フィルタが可能
  • レイルトゥレイル入力/出力
  • 使いやすい0805部品に対応
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX5216LPTの評価キット(EVキット)は、シングルチャネル、低電力、出力バッファ内蔵、3線式SPIインタフェース16ビットDACのMAX5216、3ppm/℃低電力電圧リファレンスのMAX6133、RRIO内蔵のシングルチャネル、ゼロドリフト高効率オペアンプのMAX9620、および40V超低自己消費電流LDOのMAX15007を活用し、フォルト電流制限機能と入力/出力可能なHART (Highway Addressable Remote Transducer)モデムを備えた、4~20mAループ駆動電流ループトランスミッタの評価を可能にします。このEVキットはWindows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7対応のソフトウェアも備え、このリファレンスデザインの各機能を実行するための簡単なグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を提供します。

詳細を見る

特長

  • 広入力電源範囲:12V~40V
  • 16ビットデジタルコードを4~20mAループ電流に伝送
  • オフセットおよび利得を設定可能
  • 電流誤差:0.02 % FS以下(+25℃時)
  • 電流誤差:0.1 % FS以下(全温度範囲)
  • 温度範囲:-40℃~+105℃
  • 抵抗によって選択可能な電流制限:30mA ±20%
  • 自己消費電流:200µA (typ)、300µA (max)
  • 入出力が可能なHARTモデム
  • MAXQ622マイクロコントローラ経由の直接USB通信
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7 (32ビット)対応のソフトウェア
  • SPIインタフェース端子
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX9618 OrCADライブラリ

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX9618 マクロモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1.5
Input IBIAS (nA) (max) 0.08
VOS (µV) (max) 10
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 2
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.74 @1k

主な機能

  • バッテリ寿命を延長
    • 低自己消費電流:59µA
    • 単一電源電圧範囲:1.8V~5.5V
    • 省電力シャットダウンモード(MAX9619)
  • 広範囲の高精度アプリケーションに対応
    • 超低入力オフセット電圧:10µV (max)
    • 超低入力バイアス電流:10pA
    • ユニティゲイン安定
    • 0.42µVP-P (0.1Hz~10Hz時)
    • GBW:1.5MHz
    • 42nV/√Hz (1kHz時)
    • レール・ツー・レール入力/出力
  • 基板スペースの削減
    • 5ピンSC70 (MAX9620)、6ピンSC70 (MAX9617/MAX9619)、および8ピンSC70 (MAX9618)パッケージ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 心臓モニタ
  • ループ駆動システム
  • ポータブル医療機器
  • センサインタフェース

説明

MAX9617~MAX9620は、低電力、ゼロドリフトオペアンプで、省スペースのSC70パッケージで提供されています。これらの製品は、ポータブル民生、医療、および産業アプリケーション用に設計されています。

MAX9617~MAX9620は、レイルトゥレイルCMOS入力および出力、わずか59µAの消費電流での1.5MHz GBW、および全時間と温度で10µV (max)ゼロドリフト入力オフセット電圧を備えています。ゼロドリフト機能は、CMOS入力オペアンプに通常見られる高い1/fノイズを低減するため、この製品は広範囲の低周波測定アプリケーションに有用です。

MAX9617およびMAX9619は、省スペース2mm x 2mmの6ピンSC70パッケージで提供されています。MAX9619は省電力シャットダウンモードを備えています。MAX9618は、2mm x 2mmの8ピンSC70パッケージで提供されています。MAX9620は、2mm x 2mmの5ピンSC70パッケージで提供されています。各デバイスは、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX9617、MAX9618:ファンクションダイアグラム MAX9617、MAX9618:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。