先頭に戻る

デュアルECLおよびデュアル/クワッドPECL、500ps、超高速コンパレータ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 0.5
VOS (mV) (max) 5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 8.3
VSUPPLY (Total) (V) (max) 10.5
# Comparators 2
ICC per Comp. (µA) (max) 12000
Logic Out ECL
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.01
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 0.5
VOS (mV) (max) 5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 8.3
VSUPPLY (Total) (V) (max) 10.5
# Comparators 2
ICC per Comp. (µA) (max) 12000
Logic Out ECL
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
8.01

主な特長

  • 伝搬遅延:500ps
  • 伝搬遅延のばらつき:30ps
  • トラッキング周波数:4Gbps
  • 入力電源範囲:-2.2V~+3V (+5V/-5.2V電源)
  • 入力電源範囲:-1.2V~+4V (+6V/-4.2V電源)
  • 差動ECL出力(MAX9600)
  • 差動PECL出力(MAX9601/MAX9602)
  • ラッチイネーブル(MAX9600/MAX9601)
  • 可変ヒステリシス(MAX9600/MAX9601)

アプリケーション/用途

  • 高速計測
  • 高速トリガリング
  • ラインレシーバ/信号回復
  • スコープ/ロジックアナライザ・フロントエンド
  • スレッショルドおよびピーク検出
  • VLSIおよび高速メモリ用ATE

説明

MAX9600/MAX9601/MAX9602は超高速コンパレータで、超低伝搬遅延(500ps)が特長です。これらのデュアル/クワッドコンパレータは伝搬遅延スキュー(10ps)を最小限に抑え、伝搬遅延のばらつきを低く(30ps)設計しています。以上の機能によって、これらのデバイスは、ナローパルスの高忠実度トラッキングとタイミングのばらつきが重要なアプリケーションに最適です。

差動入力段は、(VEE + 3V)~(VCC - 2V)のコモンモード範囲で幅の広い信号を受け入れます。出力はコンプリメンタリディジタル信号で、ECL/PECL システムに対応し、50Ω終端の伝送ラインを直接駆動するのに十分な電流を供給します。

MAX9600/MAX9601は、それぞれラッチイネーブル(LE_、アクティブローLE_)とヒステリシス(HYS_)を内蔵するデュアルチャネルECL/PECL出力コンパレータです。コンプリメンタリラッチイネーブル制御により、トラッキング、トラックホールド、またはサンプルホールドの動作モードが可能になります。このラッチイネーブルをMAX9600では標準ECLロジックで、MAX9601ではPECLロジックで駆動することができます。MAX9602は、クワッドチャネルPECL出力コンパレータで、狭い基板面積での高密度パッケージングに最適です。

MAX9600/MAX9601は20ピンTSSOPパッケージで、MAX9602は24ピンTSSOPパッケージで提供されます。MAX9600/MAX9601/MAX9602は、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9600、MAX9601、MAX9602:ファンクションダイアグラム MAX9600、MAX9601、MAX9602:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。