先頭に戻る

SOT23、1.8V、ナノパワー、Beyond-the-Railsコンパレータ、リファレンス付き/リファレンスなし

ポータブル機器の2セルバッテリ監視に最適

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 22000
VOS (mV) (max) 5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Comparators 1
Input Range Rail to Rail
to Neg. Rail
ICC per Comp. (µA) (max) 0.8
Logic Out Push-Pull
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0.69
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 22000
VOS (mV) (max) 5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Comparators 1
Input Range Rail to Rail
to Neg. Rail
ICC per Comp. (µA) (max) 0.8
Logic Out Push-Pull
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
0.69

主な特長

  • 超低消費電流
    • コンパレータ当たり380nA (MAX919/MAX920)
    • リファレンス付コンパレータ当たり750nA (MAX917/MAX918)
  • 保証動作:最低+1.8V
  • 内部リファレンス1.245V ±1.5% (MAX917/MAX918)
  • 入力電圧範囲:電源範囲から200mV拡張
  • ドライブ能力±8mAのCMOSプッシュプル出力(MAX917/MAX919)
  • オープンドレイン出力バージョンも入手可能(MAX918/MAX920)
  • スイッチングでのクローバ電流なし
  • クリーンスイッチングを実現する内部ヒステリシス
  • 入力オーバードライブに対する位相反転なし
  • パッケージ:省スペースSOT23

アプリケーション/用途

  • 2セルバッテリ監視/管理
  • 医療用機器
  • モバイル通信
  • ノートブックおよびPDA
  • グランドまたは電源ラインでの検出
  • テレメトリおよび遠隔システム
  • スレッショルド検出器/弁別器
  • 超低電力システム

説明

MAX917~MAX920は、省スペースのSOT23パッケージに収めたナノパワーのコンパレータで、Beyond-the-Rails™入力を備えており、+1.8Vまでの動作を保証します。MAX917/MAX918は、内蔵1.245V ±1.5%リファレンスを備えており、消費電流は僅か750nAです。一方MAX919/MAX920 (リファレンスなし)の消費電流は、僅か380nAです。このため、MAX917~MAX920ファミリのコンパレータは監視/管理などを行う全ての2セルバッテリのアプリケーションに最適です。

MAX917~MAX920のユニークな設計の出力段はスイッチング中の消費電流サージを制限し、数多くの他のコンパレータによく見られる電源グリッチを実質的に除去します。またこの設計は、動的条件下における総合的な電力消費を最小化しています。MAX917/MAX919は、電流をシンクおよびソースするプッシュプル出力段を備えています。大型内部出力ドライバは、8mAまでの負荷のレイルトゥレイル出力スイングを可能にしています。MAX918/MAX920はオープンドレインの出力段を備えているため、複合電圧システムの設計に適しています。

簡易ブロック図

MAX917、MAX918、MAX919、MAX920:標準動作回路 MAX917、MAX918、MAX919、MAX920:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。