先頭に戻る

マイクロパワー、単一電源、UCSP/SOT23コンパレータ + 高精度リファレンスIC

高精度バッテリ監視アプリケーションに最適

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Comparators + Reference
tPD (µs) (typ) 0.4
VOS (mV) (max) 7
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
# Comparators 2
Thresh. (V) 2.048
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.84
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Comparators + Reference
tPD (µs) (typ) 0.4
VOS (mV) (max) 7
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
# Comparators 2
Thresh. (V) 2.048
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.84

主な特長

  • コンパレータ + 高精度リファレンスをUCSP/SOT23パッケージに内蔵
  • 単一電源動作:2.5V~5.5V (MAX9038~MAX9043)
  • 低消費電流(MAX9038/MAX9039/MAX9040/MAX9041/MAX9050/MAX9051)
    • 自己消費電流:40µA
    • 100kHzスイッチング時:50µA
    • オープンドレイン出力MAX9038
  • 伝搬遅延:400ns
  • レール・ツー・レール入力
  • レール・ツー・レール出力段で8mAのシンクとソース
  • 内蔵±3mVヒステリシス
  • 電圧リファレンス
    • 初期精度±0.4% (max) (Aグレード)
    • 温度係数6ppm/℃ (typ) (Aグレード)
    • 0~4.7nFの容量性負荷に対して安定

アプリケーション/用途

  • デジタルラインレシーバ
  • IRレシーバ
  • レベルトランスレータ
  • 高精度バッテリマネジメント
  • ウィンドウコンパレータ

説明

MAX9038~MAX9043およびMAX9050~MAX9053は、低電力コンパレータと高精度電圧リファレンスを統合しています。その動作電圧範囲によって、これらのデバイスは3Vおよび5Vシステムの双方に最適です。MAX9038/MAX9039/MAX9040/MAX9041/MAX9050/MAX9051はシングルコンパレータとリファレンスから構成され、消費電流はわずか40µAです。MAX9042/MAX9043/MAX9052/MAX9053はデュアルコンパレータと1つのリファレンスから構成され、消費電流はわずか55µAです。低電圧動作と低消費電流によって、これらのデバイスはバッテリ駆動システムに最適です。

これらのコンパレータはレール・ツー・レール入出力を備え、電源レールの250mV外側まで拡張されたコモンモード入力電圧範囲を備えています。入力バイアス電流は1.0pA (typ)で、入力オフセット電圧は0.5mV (typ)です。ヒステリシスを内蔵しているため、低速入力信号の場合でもクリーンな出力スイッチングを実現します。出力段はスイッチング時の消費電流サージを抑制する独自設計であるため、他の多くのコンパレータに見られる電源グリッチがほぼ除去されます。また、この設計によってダイナミック状態における消費電力全体も最小限に抑制されます。コンパレータの出力は、レール・ツー・レールのプッシュプル出力段を備えていますが、例外としてMAX9038は最大8mAのシンクとソースが可能なオープンドレイン出力を備えています。低動作消費電流でありながら、伝播遅延は400nsです。

リファレンス出力電圧は、MAX9038/MAX9039では1.23V、MAX9040~MAX9043では2.048V、MAX9050~MAX9053では2.500Vに設定されています。MAX9040~MAX9043およびMAX9050~MAX9053では、初期精度0.4%、温度係数6ppm/℃のAグレード、および初期精度1% (例外としてMAX9038/MAX9039の初期精度は±0.4%)、温度係数100ppm/℃のBグレードの2つのグレードが用意されています。電圧リファレンスは、マキシム独自の曲率補正回路とレーザトリミングされた薄膜抵抗を備えています。シリーズモードのリファレンスは、最大500µAの負荷電流のシンクとソースが可能です。

簡易ブロック図

MAX9039、MAX9040、MAX9041、MAX9042、MAX9042A、MAX9042B、MAX9043、MAX9043A、MAX9050、MAX9051、MAX9052、MAX9052A、MAX9052B、MAX9053、MAX9053A、MAX9053B:標準動作回路 MAX9039、MAX9040、MAX9041、MAX9042、MAX9042A、MAX9042B、MAX9043、MAX9043A、MAX9050、MAX9051、MAX9052、MAX9052A、MAX9052B、MAX9053、MAX9053A、MAX9053B:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。