先頭に戻る

低電力、高速、単一電源オペアンプ/コンパレータ/リファレンスIC

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Integrated Amplifiers + Comparator + Reference
Internal Reference (1.2V ±2%) Yes
ICC per Comp. (µA) (max) 550
VCMVR (V) -0.15 to VCC-1.2
Op. Amp. GBW (kHz) (typ) 8000
AVCL (min) 10
Op. Amp. VOS (mV) (max) 1.5
Op. Amp. IBIAS (pA) (max) 2000
Op. Amp. VNOISE (nV/√Hz) 36 @ 10kHz
Comparator tPD (µs) 0.185
Comparator VOUT @Load (V) (typ) 0.005 to VCC-0.005 @ 100µA
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/14
UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
3.17
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Integrated Amplifiers + Comparator + Reference
Internal Reference (1.2V ±2%) Yes
ICC per Comp. (µA) (max) 550
VCMVR (V) -0.15 to VCC-1.2
Op. Amp. GBW (kHz) (typ) 8000
AVCL (min) 10
Op. Amp. VOS (mV) (max) 1.5
Op. Amp. IBIAS (pA) (max) 2000
Op. Amp. VNOISE (nV/√Hz) 36 @ 10kHz
Comparator tPD (µs) 0.185
Comparator VOUT @Load (V) (typ) 0.005 to VCC-0.005 @ 100µA
VSUPPLY (V) (min) 2.5
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/14
UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
3.17

主な特長

  • オペアンプ+コンパレータ+リファレンスを省スペースµMAX®パッケージに内蔵
  • 単一電源電圧範囲:+2.5V~+5.5V
  • 消費電流:340µA (MAX9002/MAX9005)
  • ユニティゲイン安定(GBW = 1.25MHz)および非補償(AV > 10V/V、GBW = 8MHz)オプション
  • レイルトゥレイルのオペアンプ/コンパレータ出力スイング
  • オペアンプおよびコンパレータ共にグランド検出入力
  • オペアンプは250pFまでの容量性負荷に対して安定
  • 内部コンパレータヒステリシス:±2mV
  • 高速伝播遅延コンパレータ:185ns
  • オーバドライブ入力に対して位相反転なし(オペアンプおよびコンパレータ)
  • 1.230Vの内部精密リファレンス(MAX9000/MAX9001/MAX9003/MAX9004):
    • ±1%初期精度
    • 8ppm/℃低温度ドリフト
    • 1mAまでのシンクまたはソース
    • 100nFまでの容量性負荷に対して安定

アプリケーション/用途

  • リモート制御用赤外線レシーバ
  • 機器、端末、およびバーコードリーダ
  • キーレスエントリ
  • フォトダイオードプリアンプ
  • センサ信号検出
  • 単一電源ゼロクロス検出器
  • スマートカードリーダ

説明

MAX9000ファミリは、高速オペアンプ、185nsコンパレータ、および高精度1.230Vリファレンスを組合せた製品です。これらのデバイスは+2.5V~+5.5Vの単一電源で動作し、自己消費電流は僅か500µAです。MAX9001/MAX9004は消費電流を2µAに低減し、出力をハイインピーダンス状態にするシャットダウンモードを備えているため、ポータブルおよびバッテリ駆動アプリケーションに最適です。

MAX9000/MAX9001/MAX9002のオペアンプは、1.25MHz利得帯域幅積でユニティゲイン安定、MAX9003/MAX9004/MAX9005のオペアンプは、8MHz利得帯域幅積で+10V/V以上の閉ループ利得に対して安定です。コモンモードの入力電圧は、マイナス電源の150mV外側からアンプに対してはプラス電源の1.2V以内まで拡張され、コンパレータに対しては1.1V以内まで拡張されています。アンプ出力およびコンパレータ出力のスイングはレイルトゥレイルで、優れたDC精度を維持しながら、外部負荷に対しそれぞれ±2.5mAおよび±4.0mAを供給します。コンパレータの出力段は、独自の設計によって出力遷移時のスイッチング電流を大幅に低減し、電源グリッチをほぼ完全に除去します。

コンパレータの組込みヒステリシスは±2mVで、ノイズ耐性が優れており、変化の遅い入力信号の場合も発振を防ぎます。MAX9000/MAX9001/MAX9003/MAX9004は、1mAまでのシンクまたはソースを可能にする低温度係数8ppm/℃、1.230V ±1%の内部精密リファレンスを備えています。アンプおよびリファレンスは、それぞれ250pFおよび100nFまでの容量性負荷に対して安定です。MAX9000/MAX9003のコンパレータの反転入力は、リファレンス出力に内部接続されています。

簡易ブロック図

MAX9000、MAX9001、MAX9002、MAX9003、MAX9004、MAX9005:ファンクションダイアグラム MAX9000、MAX9001、MAX9002、MAX9003、MAX9004、MAX9005:ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。