先頭に戻る

シングル/デュアル/クワッド、超低消費電力、単一電源、レイルトゥレイルオペアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 低電圧、単一電源動作:+2.7V~+6V
  • 入力コモンモード電圧:レイルトゥレイル
  • 出力スイング:レイルトゥレイル
  • 利得帯域幅積:500kHz
  • ユニティゲイン安定
  • 自己消費電流(オペアンプ当り):150µA (max)
  • オーバードライブ入力に対して位相反転フリー
  • オフセット電圧:200µV
  • 高電圧ゲイン(108dB)
  • 高CMRR (90dB)およびPSRR (110dB)
  • 1kΩの負荷駆動能力
  • 大容量性負荷を駆動
  • MAX495は8ピンSOのµMAXパッケージで提供
  • デュアル、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX492)
  • クワッド、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX494)
  • シングル、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX495)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • データ収集
  • 低電圧アプリケーション
  • ポータブル機器
  • 信号調整

説明

MAX492、MAX494、およびMAX495はそれぞれデュアル、クワッド、およびシングルのオペアンプで、入出力のレイルトゥレイル動作と優れたDC精度を兼備えています。これらのデバイスは、コモンモード電圧がVCCからVEEまで拡大されているため、単一電源(+2.7V~+6V)またはデュアル電源(±1.35V~±3V)で動作します。各オペアンプの消費電流は、僅か150µA以下です。このような低消費電流でもこれらのオペアンプは1kΩの負荷を駆動することができ、入力換算電圧ノイズは、僅か25nV/√Hzです。さらに、これらのオペアンプは1nFを超える負荷を駆動することができます。

MAX492/MAX494/MAX495は、高精度と入出力における広ダイナミックレンジ、低電圧の単一電源動作、さらに超低消費電流を兼備えているため、バッテリ駆動機器およびその他の低電圧アプリケーションに最適です。MAX492/MAX494/MAX495は、業界標準のオペアンプピン配列でDIPおよびSOパッケージで提供されています。MAX495では超小型8ピンSOのµMAX®パッケージも提供されています。

簡易ブロック図

MAX492、MAX495:ピン配置 MAX492、MAX495:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。