先頭に戻る

シングル/デュアル/クワッド、超低消費電力、単一電源、レイルトゥレイルオペアンプ

製品の詳細

主な特長

非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 0.5
Input IBIAS (nA) (max) 60
VOS (µV) (max) 500
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.7
VSUPPLY (Total) (V) (max) 6
# Amplifiers 2
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
4.64

主な特長

  • 低電圧、単一電源動作:+2.7V~+6V
  • 入力コモンモード電圧:レイルトゥレイル
  • 出力スイング:レイルトゥレイル
  • 利得帯域幅積:500kHz
  • ユニティゲイン安定
  • 自己消費電流(オペアンプ当り):150µA (max)
  • オーバードライブ入力に対して位相反転フリー
  • オフセット電圧:200µV
  • 高電圧ゲイン(108dB)
  • 高CMRR (90dB)およびPSRR (110dB)
  • 1kΩの負荷駆動能力
  • 大容量性負荷を駆動
  • MAX495は8ピンSOのµMAXパッケージで提供
  • デュアル、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX492)
  • クワッド、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX494)
  • シングル、高精度、レイルトゥレイル入出力(MAX495)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • データ収集
  • 低電圧アプリケーション
  • ポータブル機器
  • 信号調整

説明

MAX492、MAX494、およびMAX495はそれぞれデュアル、クワッド、およびシングルのオペアンプで、入出力のレイルトゥレイル動作と優れたDC精度を兼備えています。これらのデバイスは、コモンモード電圧がVCCからVEEまで拡大されているため、単一電源(+2.7V~+6V)またはデュアル電源(±1.35V~±3V)で動作します。各オペアンプの消費電流は、僅か150µA以下です。このような低消費電流でもこれらのオペアンプは1kΩの負荷を駆動することができ、入力換算電圧ノイズは、僅か25nV/√Hzです。さらに、これらのオペアンプは1nFを超える負荷を駆動することができます。

MAX492/MAX494/MAX495は、高精度と入出力における広ダイナミックレンジ、低電圧の単一電源動作、さらに超低消費電流を兼備えているため、バッテリ駆動機器およびその他の低電圧アプリケーションに最適です。MAX492/MAX494/MAX495は、業界標準のオペアンプピン配列でDIPおよびSOパッケージで提供されています。MAX495では超小型8ピンSOのµMAX®パッケージも提供されています。

簡易ブロック図

MAX492、MAX495:ピン配置 MAX492、MAX495:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。