先頭に戻る

デュアル/クワッド、17µA (max)、単一電源、高精度オペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 最大消費電流:17µA (MAX478A/MAX479A)
  • 最大オフセット電圧:70µV (MAX478A)
  • 単一電源動作:
    • グランドを含む入力電圧範囲
    • 電流シンク時においてもグランドを含む出力スイング
    • プルダウン抵抗不要
  • 8ピンDIP/SOパッケージのデュアルオペアンプ(MAX478)、
    • 14ピンDIP/SOパッケージのクワッドオペアンプ(MAX479)
  • 最大入力オフセット電流:250pA (MAX478A/MAX479A)
  • オフセット電圧ドリフト:0.5µV/℃
  • 出力のソース能力とシンク能力:5mA

アプリケーション/用途

  • バッテリまたはソーラパワーのポータブル計測システム
  • バッテリまたはソーラパワーのリモートセンサアンプシステム
  • バッテリまたはソーラパワーの衛星回路システム
  • マイクロパワーフィルタ
  • マイクロパワー・サンプル/ホールド
  • シングルリチウムセル駆動システム
  • 熱電対アンプ

説明

MAX478およびMAX479は、デュアルおよびクワッドのマイクロパワー高精度オペアンプで、それぞれ8ピンDIP/SOおよび14ピンDIP/SOパッケージで提供されています。両製品のオペアンプ1個当りの消費電流は17µA (max)と極めて低く抑えられており、最大オフセット電圧が70µV、最大オフセット電圧ドリフトが2.2µV/℃ (0.5µV/℃、typ)、最大入力オフセット電流が250pAとなっています。

MAX478およびMAX479は単一電源で動作します。入力電圧範囲はグランドを含み、出力電圧スイングはグランドの数mV以内まで可能なため、プルダウン抵抗が削除でき、また消費電力の節約が可能です。

両製品は、3Vおよび5Vの単一電源の動作に適しており、各電源電圧にてその規格が保証されています。±15V動作においても規格化されています。

簡易ブロック図

MAX478、MAX479:標準動作回路 MAX478、MAX479:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。