先頭に戻る

シングル/デュアル/クワッド、10MHz単一電源オペアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 15V/µs (min)のスルーレート
  • +3V単一電源動作
  • 10MHzの保証ユニティゲイン帯域幅
  • 2mAの消費電流(オペアンプ当り)
  • 入力電圧範囲は負の電源電圧まで拡大
  • 出力の短絡保護
  • 出力電圧は電源電圧(±50mV以内)までスイング
  • µMAXパッケージ(超小型8ピンSO)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • ディスクリートフィルタ
  • ポータブル機器
  • サーボループ
  • 信号調整
  • 信号処理

説明

MAX473/MAX474/MAX475は、シングル/デュアル/クワッドの単一電源(2.7V~5.25V)、ユニティゲイン安定動作のオペアンプで、出力電圧は電源電圧までスイングします。各オペアンプはわずか2mA (typ)の消費電流である一方、10MHzのユニティゲイン帯域幅、15V/µsのスルーレート、600Ωの駆動能力を保証します。加えて、入力範囲は負の電源電圧まで、出力は両電源電圧の50mV以内までスイングします。

これらのデバイスは単一電源動作のため、低電力および低電圧ポータブルアプリケーションに適しています。これらの高速スルーレートと高速セトリングタイムで、大きな信号を扱うアプリケーションでの大電流オペアンプを置き換えることが可能です。MAX473/MAX474/MAX475は業界標準オペアンプピン配列でDIPおよびSOパッケージで提供されています。MAX473およびMAX474では、超小型8ピンSOパッケージのµMAX&#reg;パッケージでも提供されています。

簡易ブロック図

MAX473、MAX474、MAX475:標準動作回路 MAX473、MAX474、MAX475:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。