先頭に戻る

MAX464およびMAX466の評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX464およびMAX466の評価キット Jun 01, 1994

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 100MHzのユニティゲイン帯域幅
  • 75Ωの出力インピーダンス
  • スルーレート:300V/µs (MAX466)
  • チャネルスイッチング時間:20ns
  • ロジックディセーブルモード:
    • ハイインピーダンスZ出力
    • 低消費電力

アプリケーション/用途

  • ブロードバンド品質、カラー信号多重化
  • 同軸ケーブルラインドライバ
  • RGBカラービデオオーバレイエディタ
  • RGBカラービデオセキュリティシステム
  • RGB医療用画像化
  • RGB多重化

説明

MAX464/MAX466の評価キット(EVキット)は、クワッド、バッファ付きビデオスイッチMAX464およびMAX466の評価が簡単に行えます。両方のICとも、高性能ビデオスイッチと高精度アンプを統合しています。アンプ利得はMAX464の場合は1V/V、MAX466の場合は2V/Vに設定されています。高速スイッチング時間、小さい微分位相/利得誤差、および75Ωの出力ドライバによって、MAX464およびMAX466はすべてのビデオアプリケーションに最適です。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX464およびMAX466の評価キット Jun 01, 1994

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。