MAX459

8 x 4、ビデオクロスポイントスイッチ、バッファ付


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX458/MAX459は、8個の入力チャネルと4個の高速バッファ付き出力チャネルを備えたクロスポイントスイッチです。MAX458の出力バッファはゲイン1に設定されており、MAX459はゲイン2に設定されています。各デバイスでは、8本の入力ラインのいずれか1つを4個の出力アンプのうちの任意の1つに接続することができます。出力バッファは75Ωの負荷を駆動可能です。

データインタフェースは、16ビットのシリアルまたは6ビットのパラレル接続のいずれかで行います。シリアルモードでのMAX458/MAX459は、SPI™、QSPI™、およびMICROWIRE™に対応しています。パラレルモードでは、MAX458/MAX459は、ほとんどのマイクロプロセッサバスに対応しています。3ステートのアンプ出力機能によって、複数のMAX458/MAX459を組み合わせて、より大型のスイッチネットワークを構成することができます。出力バッファは個別にディセーブル可能で、またデバイス全体をシャットダウンし、電力を節約することができます。

主な特長

  • ユニティゲイン帯域幅:100MHz
  • スルーレート:300V/µs
  • 低微分位相誤差:0.05°
  • 低微分ゲイン誤差:0.01%
  • 75Ωのケーブルを直接駆動
  • 高速スイッチング時間:60ns
  • ハイインピーダンスアンプ出力機能
  • シャットダウン機能
  • 16ビットシリアルおよび6ビットパラレルアドレスモード
  • 40ピンDIPおよび44ピンPLCCパッケージ

アプリケーション/用途

  • ビデオ編集
  • ビデオセキュリティシステム
  • ビデオ試験装置

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX459 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX3522B
DOCSIS 3.1 Programmable-Gain Amplifier

  • Delivers +68dBmV Output Power While Meeting DOCSIS 3.1 Requirements
  • Covers 5MHz–204MHz Output Bandwidth
  • Dual Outputs Eliminates Need for an External RF Switch

MAX49017
1.7V、デュアルマイクロパワーコンパレータ、リファレンス内蔵

  • マイクロパワー動作電流によってバッテリ電力を維持:合計1.35µA (typ)、2.55µA (max)
  • 内部高精度リファレンスによって外部リファレンスのスペースとコストを節約
  • 1%以下(室温)、2.5%以下(全温度基準)

MAX40660
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660

MAX40661
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660

種類 ID タイトル
評価ボード1265MAX459EVKIT MAX459の評価キット