先頭に戻る

8 x 4、ビデオクロスポイントスイッチ、バッファ付

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ユニティゲイン帯域幅:100MHz
  • スルーレート:300V/µs
  • 低微分位相誤差:0.05°
  • 低微分ゲイン誤差:0.01%
  • 75Ωのケーブルを直接駆動
  • 高速スイッチング時間:60ns
  • ハイインピーダンスアンプ出力機能
  • シャットダウン機能
  • 16ビットシリアルおよび6ビットパラレルアドレスモード
  • 40ピンDIPおよび44ピンPLCCパッケージ

アプリケーション/用途

  • ビデオ編集
  • ビデオセキュリティシステム
  • ビデオ試験装置

説明

MAX458/MAX459は、8個の入力チャネルと4個の高速バッファ付き出力チャネルを備えたクロスポイントスイッチです。MAX458の出力バッファはゲイン1に設定されており、MAX459はゲイン2に設定されています。各デバイスでは、8本の入力ラインのいずれか1つを4個の出力アンプのうちの任意の1つに接続することができます。出力バッファは75Ωの負荷を駆動可能です。

データインタフェースは、16ビットのシリアルまたは6ビットのパラレル接続のいずれかで行います。シリアルモードでのMAX458/MAX459は、SPI™、QSPI™、およびMICROWIRE™に対応しています。パラレルモードでは、MAX458/MAX459は、ほとんどのマイクロプロセッサバスに対応しています。3ステートのアンプ出力機能によって、複数のMAX458/MAX459を組み合わせて、より大型のスイッチネットワークを構成することができます。出力バッファは個別にディセーブル可能で、またデバイス全体をシャットダウンし、電力を節約することができます。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。