先頭に戻る

デュアル電源、180MHz、16ビット精度、超低歪みオペアンプ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 180
Slew Rate (V/µs) 100
BW (MHz) (0.1dB min) 12
Feedback Voltage
ISUPPLY (mA) (typ) 11
Single Supply No
VOFFSET (mV) (max) 5
IBIAS (µA) (max) 30
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
4.17
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 180
Slew Rate (V/µs) 100
BW (MHz) (0.1dB min) 12
Feedback Voltage
ISUPPLY (mA) (typ) 11
Single Supply No
VOFFSET (mV) (max) 5
IBIAS (µA) (max) 30
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
4.17

主な特長

  • 16ビット精度セトリング時間:37ns (MAX4430/MAX4432)
  • SFDR:100dB (1MHz、出力4VP-P)
  • 入力電圧ノイズ密度:2.8nV/√Hz
  • 開ループ利得:110dB (min)
  • スルーレート:145V/µs (MAX4431/MAX4433)
  • 大出力ドライブ:60mA
  • 入力ダイナミックレンジが4VP-P以上のADC入力を駆動する能力のある大電圧スイング
  • 省スペースパッケージ:
    • 5ピンSOT23 (MAX4430/MAX4431)
    • 8ピンµMAX (MAX4432/MAX4433)

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ

説明

MAX4430/MAX4431シングルおよびMAX4432/MAX4433デュアルオペアンプは広帯域幅、16ビットセトリング時間37nsおよび低ノイズ/低歪み動作を特長としています。MAX4430/MAX4432はユニティゲイン安定になるように補償され、小信号-3dB帯域幅が180MHzです。MAX4431/MAX4433は+2以上の閉ループ利得で安定になるように補償され、小信号-3dB帯域幅が215MHzです。

MAX4430~MAX4433オペアンプは、回路当たりの消費電流が僅か11mAですが、開ループ利得125dBを達成しています。電圧ノイズ密度は2.8nV/√Hzと小さく、1MHzにおいてスプリアスフリーダイナミックレンジ(SFDR) 100dBを達成しています。これらの特性を備えた本製品は、最新の高速14ビットおよび16ビットアナログ-ディジタルコンバータ(ADC)の駆動用オペアンプとして最適です。

これらの高速オペアンプは、入力ダイナミックレンジが4V以上のADCを駆動する能力を持つ大出力電圧スイングおよび最大60mAの大電流出力ドライブを特長としています。MAX4430~MAX4433は電圧フィードバック構造を採用しているため、従来電流フィードバックアンプに依存していた多くのアプリケーションの必要条件を満たすことができます。

MAX4430/MAX4431は省スペースの5ピンSOT23パッケージ、MAX4432/MAX4433は8ピンµMAX®パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX4430、MAX4431、MAX4432、MAX4433:標準動作回路 MAX4430、MAX4431、MAX4432、MAX4433:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。