先頭に戻る

低電力、高精度、4ピンWLP、電流検出アンプ

超低消費電力で超低オフセットと低利得誤差を特長とする最薄型/最小の電流検出アンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 49
98
196
VOS @25°C (µV) (max) 30
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 1.6
CMVR (V) (max) 5.5
VCC (V) (min) 1.6
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 12.5
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 100 V/V
200 V/V
25 V/V
50 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.23
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins ULTRA THIN WLP/4
Budgetary
Price (See Notes)
1.39
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 49
98
196
VOS @25°C (µV) (max) 30
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 1.6
CMVR (V) (max) 5.5
VCC (V) (min) 1.6
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 12.5
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 100 V/V
200 V/V
25 V/V
50 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.23
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins ULTRA THIN WLP/4
Budgetary
Price (See Notes)
1.39

主な特長

  • 超低入力オフセット電圧および低利得誤差によって検出抵抗は小さい電流(nA)を検出可能
    • オフセット電圧:30µV (max)
    • 利得精度:0.23% (max)
  • 低消費電流による省電力
    • ICC:12.5µA (利得帯域幅200kHz時)
  • 省スペース4ピンWLPパッケージ
    • 0.78mm x 0.78mm x 0.35mm
  • 業界トップの低電源範囲
    • 入力コモンモード:1.6V~5.5V
  • 4つの利得オプションによって検出抵抗の選択の柔軟性を提供
    • G = 25V/V (MAX44286T)
    • G = 50V/V (MAX44286F)
    • G = 100V/V (MAX44286H)
    • G = 200V/V (MAX44286W)

アプリケーション/用途

  • 携帯アクセサリ
  • ノートブックコンピュータおよびタブレット
  • ポータブル医療機器
  • ポータブル/バッテリ駆動システム
  • パワーマネージメントシステム
  • スマートフォン

説明

MAX44286は、ゼロドリフトのハイサイド電流検出アンプファミリで、高精度、低消費電流を実現し、実装面積0.78mm x 0.78mm x 0.35mmの小型4ピン超薄型WLPで提供されます。この超小型サイズは、今日のスマートフォン、モバイルアクセサリ、ノートブック、ポータブル医療機器、および高精度の電流監視とスペースが重要となるすべてのバッテリ駆動ポータブル機器でのアプリケーションにとって最優先の要件です。

MAX44286の電圧出力は、25V/V、50V/V、100V/V、および200V/Vの4つの利得バージョンで提供されます。これらの4つの利得バージョンは検出抵抗の選択の柔軟性を提供し、超低入力オフセット電圧は数µA程度の小電流の検出に役立ちます。低電力性能によって、消費電力を最小限に抑えることも可能になります。

MAX44286は、1.6V~5.5Vの電源電圧範囲では-40℃~+85℃の温度範囲で動作し、1.8V~5.5Vでは-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。MAX44286を4ピン超薄型WLPパッケージに収めるため、このデバイスの電源電圧はRS+端子と共用されています。

簡易ブロック図

MAX44286:標準アプリケーション回路 MAX44286:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。