先頭に戻る

36V入力コモンモード、高精度、低電力電流検出アンプ

測定誤差を増やすことなく4桁のダイナミックレンジを測定

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 小型電流検出抵抗の使用のサポートによって電源変換効率と測定精度を向上
    • 入力バイアス電流:80nA (max)
    • 超低入力オフセット電圧:2µV (MAX44284F/H)
    • 超低入力オフセット温度係数:50nV/℃
    • 広い入力コモンモード範囲:-0.1V~+36V
    • 低利得誤差:0.05%
  • バッテリ寿命を延長
    • 低消費電流:21µA
    • 単一電源:1.7V~5.5V
    • シャットダウン入力(VDDに依存しない)
  • 4つの固定利得オプションで設計を簡素化
    • 50V/V (MAX44284F)
    • 100V/V (MAX44284H)
    • 200V/V (MAX44284W)
    • 500V/V (MAX44284E)

アプリケーション/用途

  • 基地局
  • 電源管理用DC-DC電流検出
  • 医療用パルス酸素濃度計および輸液ポンプ
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブル/バッテリ駆動システム
  • スマートフォンおよびタブレット

説明

MAX44284は、1.7V~5.5Vの単一電源で動作するハイサイド、電流検出アンプで、自己消費電流がわずか21µAの超低電力動作用に最適化されています。

MAX44284は、2µV VOSおよび利得誤差0.05%の高精度仕様を提供します。このデバイスは、-0.1V~+36Vの入力コモンモード電圧範囲を備えています。この電流検出アンプは、1つの電圧出力を備え、4種類の利得バージョンで提供されます。

MAX44284は、小型6ピンWLP (0.4mmピッチ、1.3mm × 0.9mm)、および6ピンSOT23パッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

携帯アプリ

簡易ブロック図

MAX44284:標準アプリケーション回路 MAX44284:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。