先頭に戻る

1.8V、50MHz、低オフセット、低電力、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ

全時間および温度範囲で高帯域幅および優れたVOS精度を実現

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 50
Input IBIAS (nA) (max) 0.00050
VOS (µV) (max) 50
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.7
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
AV (V/V) 5
Package/Pins SC70/6
ULTRA THIN LGA/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.94
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 50
Input IBIAS (nA) (max) 0.00050
VOS (µV) (max) 50
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.7
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
AV (V/V) 5
Package/Pins SC70/6
ULTRA THIN LGA/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.94

主な特長

  • 低1.8V電源レール(-40℃~+125℃範囲)
  • 1.7V電源レール(0℃~+70℃範囲)
  • 帯域幅:50MHz
  • 低入力電圧ノイズ密度:12.7nV/
  • 低入力電流ノイズ密度:1.2fA/
  • 低VOS:50µV (max) (+25℃の場合)
  • 低入力バイアス電流:500fA
  • 自己消費電流:750µA (アンプ当り)
  • シャットダウン消費電流:1µA以下
  • 小型、SC70 (2mm × 2mm)およびThin µDFN (1mm × 1.5mm)パッケージ
  • 低全高調波歪み:-110dB
  • 最小安定利得:5V/V

アプリケーション/用途

  • 3G/4G携帯電話
  • アナログ-デジタルコンバータバッファ
  • バッテリ駆動デバイス
  • 汎用信号処理
  • ノートブック
  • ポータブルメディアプレーヤー
  • ポータブル医療機器
  • トランスインピーダンスアンプ

説明

MAX44280は、高速、高精度、低ノイズ、および低電圧動作のユニークな組合せを提供し、ポータブルや産業用装置における信号のフィルタリングや増幅など、多くの信号処理機能に最適となっています。

このアンプは、1.8Vの低い電源レールを維持しながら、50µV以下の入力オフセットと50MHzの高利得帯域幅積を備えています。このデバイスは、利得5V/V以上に内部補償されています。このデバイスのレール・ツー・レール入力/出力と低ノイズは、12~16ビットSAR ADCドライバなどのアプリケーションで要求される最大のダイナミックレンジを保証します。従来のレール・ツー・レール入力構造とは異なり、静かなチャージポンプを備えた入力段で最適化され、入力のクロスオーバー歪みは存在しません。

MAX44280は、さらに電力を節約するためのFast Power Onシャットダウンモードを備えています。

MAX44280は、-40℃~+125℃の温度範囲では1.8V~5.5Vの電源範囲で動作し、0℃~+70℃の温度範囲では最低1.7Vまで動作可能です。MAX44280は、小型の6ピンSC70パッケージで提供されます。また、1mm x 1.5mmのThin µDFN (Ultra Thin LGA)パッケージでも提供されます。

簡易ブロック図

MAX44280:標準アプリケーション回路 MAX44280:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。