先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4383の評価キット Mar 26, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ATSCおよび高解像度グラフィックスアプリケーション用ビデオフィルタソリューション
  • 5次、多重帰還型アクティブ(Rauch)ビデオフィルタ
  • -3dB帯域幅:30MHz (typ)
  • 減衰:40dB以上(74.25MHz時)
  • +5V単一電源または±5Vデュアル電源動作
  • 表面実装構成
  • 完全実装および試験済み
  • 高精度RC部品の使用により高価なインダクタが不要

アプリケーション/用途

  • ADCインタフェース
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • CCD画像処理
  • デジタルスチルカメラ
  • セットトップボックス
  • 監視ビデオシステム
  • ビデオラインドライバ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム
  • ビデオオンデマンド

説明

MAX4383の評価キット(EVキット)は、-3dB帯域幅が30MHz (typ)のButterworth応答を示す5次、ローパス、多重帰還型(Rauch)フィルタで構成された高速オペアンプのMAX4383の機能を検証します。この回路は、HDTV、プログレシブDVD、およびXGA解像度グラフィックディスプレイに使用されるビデオアンチエイリアスフィルタと再生用フィルタに使用することができます。MAX4383のEVキットは、ビデオアプリケーションでは一般的な75Ωバック終端負荷を全利得1で駆動するように設計されています。このEVキットは、+5Vの単一電源、±5Vのデュアル電源のいずれかで動作する完全実装および試験済みの表面実装基板です。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4383の評価キット Mar 26, 2003

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。