先頭に戻る

超小型、低コスト、210MHz、単一電源オペアンプ、レイルトゥレイル出力およびディセーブル付

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 210
Slew Rate (V/µs) 485
BW (MHz) (0.1dB min) 55
Large Signal BW (MHz) 175
Feedback Voltage
Rail to Rail Output
ISUPPLY (mA) (typ) 5.5
Single Supply Yes
VOFFSET (mV) (max) 20
IBIAS (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SC70/6
SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.98
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Video/Wideband Amplifiers
# Amplifiers 1
BW (MHz) (@ -3dB) 210
Slew Rate (V/µs) 485
BW (MHz) (0.1dB min) 55
Large Signal BW (MHz) 175
Feedback Voltage
Rail to Rail Output
ISUPPLY (mA) (typ) 5.5
Single Supply Yes
VOFFSET (mV) (max) 20
IBIAS (µA) (max) 20
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SC70/6
SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.98

主な特長

  • 低コストおよび高速:
    • -3dB帯域幅:210MHz
    • 0.1dB利得平坦性:55MHz
    • スルーレート:485V/µs
  • ディセーブルモードで出力はハイインピーダンス
  • 電源動作:+4.5V~+11V単一
  • レイルトゥレイル出力
  • 入力同相範囲はVEEの外側まで拡張
  • 低微分利得/位相:0.02%/0.08°
  • 低歪み(5MHz):
    • SFDR:-65dBc
    • 全高調波歪み:-63dB
  • パッケージ:超小型6ピンSC70、6ピンSOT23、10ピンµMAX®、14ピンTSSOPおよび20ピンTSSOP

アプリケーション/用途

  • アナログ-デジタルコンバータインタフェース
  • バッテリ駆動機器
  • CCD画像処理システム
  • デジタルカメラ
  • セットトップボックス
  • 監視ビデオシステム
  • ビデオラインドライバ
  • ビデオルーティングおよびスイッチングシステム
  • ビデオオンデマンド

説明

MAX4380~MAX4384ファミリのオペアンプは、ユニティゲイン安定デバイスで、高速性能、レイルトゥレイル出力、およびハイインピーダンスディセーブルモードを兼ね備えています。これらのデバイスは、+4.5V~+11V単一電源または±2.25V~±5.5Vデュアル電源で動作します。入力同相電圧範囲は、負電源電圧(単一電源アプリケーションではグランド)の外側まで拡張されています。

MAX4380~MAX4384は、-3dB帯域幅210MHz、55MHz 0.1dB利得平坦性、およびスルーレート485V/µsの高性能を実現する一方で、オペアンプあたり僅か5.5mAの自己消費電流しか必要としません。これらのデバイスは、ビデオ、通信、および計測器等、広帯域幅を必要とする低電力/低電圧機器に優れた解決法を提供します。

ディセーブル付MAX4380シングルは、超小型6ピンSC70パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX4380、MAX4381、MAX4382、MAX4383、MAX4384:標準動作回路 MAX4380、MAX4381、MAX4382、MAX4383、MAX4384:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。