先頭に戻る

低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出アンプ + コンパレータ + リファレンスIC

1個の小型10ピンパッケージで電流監視/保護を簡素化

製品の詳細

MAX4373/MAX4374/MAX4375は、ハイサイド電流検出アンプ、バンドギャップリファレンスおよびラッチ出力付きのコンパレータを備えた低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出監視回路です。これらの製品は、利得設定抵抗の必要性を排除した電圧出力を備えているため、今日のノートブックコンピュータ、セル電話、その他のバッテリ/DC電流監視を必要とする機器に最適です。電源ライン監視をハイサイドで行うとバッテリ充電器のグランド経路に干渉しないため、バッテリ駆動機器で特に有用です。入力同相電圧範囲は0~+28Vで、電源電圧には影響されません。このため、消耗したセルバッテリパックに接続した場合でも電流検出フィードバックが有効です。

MAX4373/MAX4374/MAX4375のコンパレータ出力は、発振しないターンオフフラグを提供するためにラッチ付になっています。さらに、MAX4374/MAX4375はウィンドウ検出機能用の第2のコンパレータを備えています。MAX4373/MAX4374/MAX4375は3つの利得バージョン(T = +20V/V、F = +50V/V、H = +100V/V)が提供されており、入力電圧の負荷電流に対する感度を設定するために外付検出抵抗を使用しています。このため高度な集積化が実現され、シンプルでコンパクトな電流検出ソリューションとなっています。

MAX4373/MAX4374/MAX4375は+2.7V~+28Vの単一電源で動作し、消費電流は50µAです。温度範囲は拡張用(-40℃~+85℃)のものが用意されており、8ピンおよび10ピンµMAX®パッケージで提供されています。

主な機能

  • 集積化電流検出ソリューションによってハイサイド電流監視を簡素化
    • 電流検出アンプ + 内部コンパレータおよびバンドギャップリファレンスによって精度向上
      • 入力オフセット電圧:1mV (max)
      • フルスケール精度:2% (max)
      • 内部バンドギャップリファレンス(精度±1.6%)
  • 高精度+2V~+28Vコモンモード範囲(最低0Vまで機能を維持、電源電圧に依存しない)によって、バッテリパックが過放電した場合でも電流監視を確保
  • 低消費電力によってバッテリ寿命を延長
    • 消費電流:50µA
    • 単一電源動作:+2.7V~+28V
  • ラッチ付きコンパレータ出力によって発振を除去
  • 3つの利得バージョン(+20V/V、+50V/V、+100V/V)によって異なるサイズのバッテリパックに対応

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動システム
  • パワーマネジメントシステム
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/充電器
Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 100
150
VOS @25°C (µV) (max) 1000
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 0
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 28
ICC (µA) (typ) 50
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 100 V/V
20 V/V
50 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.7
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/14
UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
$1.19 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX4373、MAX4374、MAX4375:標準動作回路 MAX4373、MAX4374、MAX4375:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX4374の評価キット(EVキット)は、ハイサイド電流検出アンプ、バンドギャップリファレンス、およびラッチ出力コンパレータを内蔵した、低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出監視回路のMAX4374を評価するための実証済みデザインを提供します。このEVキットは、10ピンµMAX®パッケージで提供されるMAX4374を検証します。MAX4374は、14ピンSOパッケージでも提供されますが、SOパッケージはこのEVキットとはコンパチブルではありません。

MAX4374のEVキットのPCBは、50V/Vの利得バージョンのMAX4374FEUB+が実装されて提供されます。MAX4374のEVキットは、MAX4374T (利得:20V/V)、MAX4374H (利得:100V/V)、MAX4375T (利得:20V/V)、MAX4375F (利得:50V/V)、およびMAX4375H (利得:100V/V)の評価にも使用可能です。ピンコンパチブルのMAX4374TEUB+、MAX4374HEUB+、MAX4375TEUB+、MAX4375FEUB+、またはMAX4375HEUB+の各デバイスの無料サンプルについてはお問い合わせください。

詳細を見る

特長

  • 高精度リアルタイム電流監視
  • 過電流保護およびリセット回路
  • 過電圧インジケータ回路
  • 入力コモンモード範囲:0~28V
  • 消費電流:50µA
  • 入力オフセット電圧:1mV (max)
  • フルスケール精度:2% (max)
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX4375H マクロモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX4375T OrCADライブラリ

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX4375F マクロモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX4375T マクロモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX4375H OrCADライブラリ

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX4375F OrCADライブラリ

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 100
150
VOS @25°C (µV) (max) 1000
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 0
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 28
ICC (µA) (typ) 50
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 100 V/V
20 V/V
50 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.7
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/14
UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
$1.19 @1k

主な機能

  • 集積化電流検出ソリューションによってハイサイド電流監視を簡素化
    • 電流検出アンプ + 内部コンパレータおよびバンドギャップリファレンスによって精度向上
      • 入力オフセット電圧:1mV (max)
      • フルスケール精度:2% (max)
      • 内部バンドギャップリファレンス(精度±1.6%)
  • 高精度+2V~+28Vコモンモード範囲(最低0Vまで機能を維持、電源電圧に依存しない)によって、バッテリパックが過放電した場合でも電流監視を確保
  • 低消費電力によってバッテリ寿命を延長
    • 消費電流:50µA
    • 単一電源動作:+2.7V~+28V
  • ラッチ付きコンパレータ出力によって発振を除去
  • 3つの利得バージョン(+20V/V、+50V/V、+100V/V)によって異なるサイズのバッテリパックに対応

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動システム
  • パワーマネジメントシステム
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/充電器

説明

MAX4373/MAX4374/MAX4375は、ハイサイド電流検出アンプ、バンドギャップリファレンスおよびラッチ出力付きのコンパレータを備えた低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出監視回路です。これらの製品は、利得設定抵抗の必要性を排除した電圧出力を備えているため、今日のノートブックコンピュータ、セル電話、その他のバッテリ/DC電流監視を必要とする機器に最適です。電源ライン監視をハイサイドで行うとバッテリ充電器のグランド経路に干渉しないため、バッテリ駆動機器で特に有用です。入力同相電圧範囲は0~+28Vで、電源電圧には影響されません。このため、消耗したセルバッテリパックに接続した場合でも電流検出フィードバックが有効です。

MAX4373/MAX4374/MAX4375のコンパレータ出力は、発振しないターンオフフラグを提供するためにラッチ付になっています。さらに、MAX4374/MAX4375はウィンドウ検出機能用の第2のコンパレータを備えています。MAX4373/MAX4374/MAX4375は3つの利得バージョン(T = +20V/V、F = +50V/V、H = +100V/V)が提供されており、入力電圧の負荷電流に対する感度を設定するために外付検出抵抗を使用しています。このため高度な集積化が実現され、シンプルでコンパクトな電流検出ソリューションとなっています。

MAX4373/MAX4374/MAX4375は+2.7V~+28Vの単一電源で動作し、消費電流は50µAです。温度範囲は拡張用(-40℃~+85℃)のものが用意されており、8ピンおよび10ピンµMAX®パッケージで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX4373、MAX4374、MAX4375:標準動作回路 MAX4373、MAX4374、MAX4375:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。