先頭に戻る

製品の詳細

MAX4374の評価キット(EVキット)は、ハイサイド電流検出アンプ、バンドギャップリファレンス、およびラッチ出力コンパレータを内蔵した、低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出監視回路のMAX4374を評価するための実証済みデザインを提供します。このEVキットは、10ピンµMAX®パッケージで提供されるMAX4374を検証します。MAX4374は、14ピンSOパッケージでも提供されますが、SOパッケージはこのEVキットとはコンパチブルではありません。

MAX4374のEVキットのPCBは、50V/Vの利得バージョンのMAX4374FEUB+が実装されて提供されます。MAX4374のEVキットは、MAX4374T (利得:20V/V)、MAX4374H (利得:100V/V)、MAX4375T (利得:20V/V)、MAX4375F (利得:50V/V)、およびMAX4375H (利得:100V/V)の評価にも使用可能です。ピンコンパチブルのMAX4374TEUB+、MAX4374HEUB+、MAX4375TEUB+、MAX4375FEUB+、またはMAX4375HEUB+の各デバイスの無料サンプルについてはお問い合わせください。

主な機能

  • 高精度リアルタイム電流監視
  • 過電流保護およびリセット回路
  • 過電圧インジケータ回路
  • 入力コモンモード範囲:0~28V
  • 消費電流:50µA
  • 入力オフセット電圧:1mV (max)
  • フルスケール精度:2% (max)
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動システム
  • パワーマネジメントシステム
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/充電器

技術資料

データシート MAX4374の評価キット May 07, 2009

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 高精度リアルタイム電流監視
  • 過電流保護およびリセット回路
  • 過電圧インジケータ回路
  • 入力コモンモード範囲:0~28V
  • 消費電流:50µA
  • 入力オフセット電圧:1mV (max)
  • フルスケール精度:2% (max)
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルバッテリ駆動システム
  • パワーマネジメントシステム
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/充電器

説明

MAX4374の評価キット(EVキット)は、ハイサイド電流検出アンプ、バンドギャップリファレンス、およびラッチ出力コンパレータを内蔵した、低コスト、マイクロパワー、ハイサイド電流検出監視回路のMAX4374を評価するための実証済みデザインを提供します。このEVキットは、10ピンµMAX®パッケージで提供されるMAX4374を検証します。MAX4374は、14ピンSOパッケージでも提供されますが、SOパッケージはこのEVキットとはコンパチブルではありません。

MAX4374のEVキットのPCBは、50V/Vの利得バージョンのMAX4374FEUB+が実装されて提供されます。MAX4374のEVキットは、MAX4374T (利得:20V/V)、MAX4374H (利得:100V/V)、MAX4375T (利得:20V/V)、MAX4375F (利得:50V/V)、およびMAX4375H (利得:100V/V)の評価にも使用可能です。ピンコンパチブルのMAX4374TEUB+、MAX4374HEUB+、MAX4375TEUB+、MAX4375FEUB+、またはMAX4375HEUB+の各デバイスの無料サンプルについてはお問い合わせください。

技術資料

データシート MAX4374の評価キット May 07, 2009

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。