先頭に戻る

低コスト、低電圧、レイルトゥレイル、入出力、SOT23 5MHzオペアンプ

LMC7101の、低電圧、ピン互換アップグレード

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 5
Input IBIAS (nA) (max) 150
VOS (µV) (max) 3500
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.4
VSUPPLY (Total) (V) (max) 6.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.02
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 5
Input IBIAS (nA) (max) 150
VOS (µV) (max) 3500
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.4
VSUPPLY (Total) (V) (max) 6.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
1.02

主な特長

  • LMC7101の低電圧同ピン配置アップグレード製品
  • 単一電源動作を保証:+2.4V~+6.5V
  • 通常は最低+1.8Vまで動作
  • 利得帯域幅積:5MHz
  • 自己消費電流:650µA
  • レイルトゥレイルの入力コモンモード電圧範囲
  • レイルトゥレイルの出力電圧スイング
  • 250Ωの負荷を駆動
  • 500pFまでの容量性負荷に対してユニティゲイン安定
  • 入力オーバドライブでも位相反転なし
  • 低コストソリューションを5ピンSOT23パッケージで提供

アプリケーション/用途

  • 車載用センサー
  • 基地局/ワイヤレスインフラ
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、およびサーバ
  • コンピュータ:マザーボード
  • コンピュータ:ノートブック
  • データ収集
  • 汎用低電圧アプリケーション
  • GPSソリューション
  • 低電力、低電圧アプリケーション
  • MP3ドッキングステーション:中レベル
  • ポータブル機器
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
  • センサーおよび信号調整
  • セットトップボックス

説明

MAX4321は、5MHzの利得帯域幅積および優れたDC精度特性とレイルトゥレイル入出力範囲を兼ね備えたオペアンプです。本素子は消費電流が僅か650µAとなっており、+2.4V~+6.5Vの単一電源または±1.2V~±3.25Vのデュアル電源で動作します(通常は最低+1.8V (±0.9V)まで動作します)。MAX4321は最大500pFまでの容量性負荷に対してユニティゲイン安定であり、250Ωの負荷を電源電圧の200mV以内まで駆動する能力を持っています。

入力コモンモード電圧範囲および出力スイングがレイルトゥレイルであるため、MAX4321は低電圧、単一電源アプリケーションに最適です。さらに、入力オフセット電圧が±1.2mVと低く、スルーレートが2V/µsと高いため、本素子は高精度、低電圧のデータ収集機器の信号処理段に適しています。MAX4321は、省スペースの5ピンSOT23パッケージで提供されており、温度範囲は拡張用(-40℃~+85℃)のものが用意されています。

MAX4321は、LMC7101の低電圧、ピンコンパチブルアップグレード製品です。LMC7101と比較した場合、帯域幅が5倍広く、スルーレートが2倍速く、入力電圧ノイズ密度が約半分になっています。

簡易ブロック図

MAX4321:標準動作回路 MAX4321:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。