先頭に戻る

超小型、ディセーブル付き、レール・ツー・レールI/O、シングル/デュアル電源、低電力オペアンプ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1
Input IBIAS (nA) (max) 50
VOS (µV) (max) 1500
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.5
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/6
SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.81
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1
Input IBIAS (nA) (max) 50
VOS (µV) (max) 1500
VSUPPLY (Total) (V) (min) 2.5
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 1
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins SC70/6
SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
0.81

主な特長

  • レール・ツー・レール入力および出力電圧スイング
  • シャットダウンモード(MAX4245/MAX4247):50nA (max)
  • アンプ当たりの自己消費電流:320µA
  • 単一電源:+2.5V~+5.5V
  • 利得:110dB (2kΩ負荷)
  • THD:0.01% (100kΩ負荷)
  • CLOAD = 470pFまでユニティゲイン安定
  • 入力がオーバードライブされても位相逆転なし
  • 省スペースパッケージ:
    • 6ピンSC70または6ピンSOT23 (MAX4245)
    • 8ピンSOT23/SOPまたは8ピンµMAX (MAX4246)
    • 10ピンµMAX (MAX4247)

アプリケーション/用途

  • 車載用センサー
  • 基地局/ワイヤレスインフラ
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、およびサーバ
  • コンピュータ:マザーボード
  • コンピュータ:ノートブック
  • 電子制御点火モジュール
  • GPSソリューション
  • 赤外線レシーバ
  • 機器および端末
  • MP3ドッキングステーション:中レベル
  • ポータブル通信
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
  • センサ-信号検出
  • セットトップボックス
  • 単一電源ゼロクロス検出器

説明

MAX4245/MAX4246/MAX4247は、レール・ツー・レール入出力を提供し、自己消費電流が僅か320µAで+2.5V~+5.5V単一電源動作の低コストオペアンプファミリです。更に電力を節約するため、MAX4245/MAX4247は低電力シャットダウンモードを提供しています。このモードでは消費電流が50nAまで減少し、アンプの出力がハイインピーダンス状態になります。これらのデバイスは、利得帯域幅積が1MHzでユニティゲイン安定で470pFまでの容量性負荷を駆動可能です。

MAX4245/MAX4246/MAX4247ファミリの温度仕様は-40℃~+125℃であるため、多様な過酷環境での使用に最適です。MAX4245シングルアンプは超小型6ピンSC70および省スペースの6ピンSOT23パッケージで提供されています。MAX4246デュアルアンプのパッケージは8ピンSOT23、SO、およびµMAX®です。MAX4247デュアルアンプは小型10ピンµMAXパッケージです。

簡易ブロック図

MAX4245、MAX4246、MAX4247:ピン配置 MAX4245、MAX4246、MAX4247:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。