先頭に戻る

シングル/デュアル/クワッド、+1.8V/10µA、SOT23、Beyond-the-Railsオペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 超低電圧動作:
    • +1.8Vまで保証
    • 通常+1.5Vまで動作可能
  • 超低消費電力:
    • アンプ当たりの消費電流10µA
    • 1µAシャットダウンモード(MAX4241/MAX4243)
    • 2個の単三アルカリ電池で200,000時間まで動作可能
  • 入力コモンモード電圧範囲:Beyond-the-Rails
  • 出力電圧スイング:レイルトゥレイル
  • 入力オーバドライブでも位相反転なし
  • 入力オフセット電圧:200µV
  • 200pFまでの容量性負荷に対してユニティゲイン安定
  • 利得帯域幅積:90kHz
  • パッケージ:省スペースの5ピンSOT23および8ピンµMAX®

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 携帯電話
  • デジタルカメラ(DIGICAM)
  • デジタルスケール
  • GPSソリューション
  • MP3およびポータブルメディアプレーヤー
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA
  • ポータブル/バッテリ駆動電子機器
  • センサアンプ
  • 歪みゲージ
  • 2セルバッテリ駆動システム

説明

MAX4240~MAX4244は、+1.8V~+5.5V単一電源または±0.9V~±2.75Vデュアル電源で動作し、Beyond-the-Rails™入力機能およびレイルトゥレイル出力機能を備えたマイクロパワーオペアンプのファミリです。これらのアンプは90kHz利得帯域幅積を提供し、アンプ当たりの消費電流は僅か10µAです。MAX4241/MAX4243は、消費電流が1µA以下まで低減し、出力がハイインピーダンス状態になる低消費電力シャットダウンモードを備えています。最低動作電圧の仕様は+1.8Vですが、通常は最低+1.5Vまで動作します。超低電圧動作、Beyond-the-Rails入力、レイルトゥレイル出力、および超低消費電力を組み合せたこれらのデバイスは、ポータブル/2セルバッテリ駆動システムに適しています。

これらのアンプは各電源電圧より200mV広い入力コモンモード範囲を備え、出力スイングは100kΩ負荷で電源電圧の9mV以内になっています。また、Beyond-the-Rails入力およびレイルトゥレイル出力特性によって、全電源電圧を信号範囲に使用できるようになっています。低入力オフセット電圧、低入力バイアス電流、および高オープンループ利得を備え持つこれらのデバイスは、高精度低電力/低電圧アプリケーションに適切です。

MAX4240は、省スペースの5ピンSOT23パッケージで供給されています。全仕様において、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で保証されています。

簡易ブロック図

MAX4240、MAX4241、MAX4242、MAX4243、MAX4244:ピン配置 MAX4240、MAX4241、MAX4242、MAX4243、MAX4244:ピン配置 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。