先頭に戻る

ハイサイド電力および電流モニタ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 100
150
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 4
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 670
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 16.67 V/V
25 V/V
40.96 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.87
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート ハイサイド電力および電流モニタ Feb 04, 2005
アプリケーションノート A Single-Chip Personal Alarm
アプリケーションノート Constant-Power Driver Is Simple, Efficient, and Inexpensive
アプリケーションノート Load-Power Monitor Improves High-Side Current Measurements
チュートリアル センサー信号パスの概要

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 100
150
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 4
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 670
Bi-Dir. Curr. Sense No
Gain 16.67 V/V
25 V/V
40.96 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.87

主な特長

  • リアルタイムの電流および電力モニタ
  • 電流検出精度:±1.5% (max)
  • 電力検出精度:±1.5% (max)
  • 2つの汎用コンパレータ(MAX4211)
  • リファレンス出力(MAX4211):1.21V
  • 電流/電力利得の3つのオプション
  • 電流検出のフルスケール電圧:100mV/150mV
  • 入力ソース電圧範囲:+4V~+28V
  • 電源電圧範囲:+2.7V~+5.5V
  • 低消費電流:380µA (MAX4210)
  • 220kHzの帯域幅
  • 小型6ピンTDFNおよび8ピンµMAXパッケージ(MAX4210)

アプリケーション/用途

  • ベースバンドアナログ乗算器
  • 計測機器
  • 過電力回路ブレーカ
  • 電力レベル検出器
  • 電源ディスプレイ
  • 短絡保護
  • スマートバッテリパック/充電器
  • スマート周辺機器制御
  • VGA回路

説明

MAX4210/MAX4211は低コスト、低電力のハイサイド電力/電流モニタで、負荷電流とソース電圧を乗算することによって、負荷が消費する電力に比例したアナログ電圧を出力します。MAX4210/MAX4211は、ハイサイド電流検出アンプを使用することによって負荷電流を測定します。負荷のグランドパスを妨げないことによって、バッテリ電源システムで特に役立ちます。

MAX4210は、実装面積が限られたアプリケーションのための、6ピンの小型電力モニタです。MAX4210A/B/Cは、部品数を削減するために25:1の内部抵抗分圧器ネットワークを統合しています。MAX4210D/E/Fは、外付けの抵抗分圧器ネットワークを使用して設計の柔軟性を向上しています。

MAX4211は、完全装備の電流および電力モニタです。この製品は、ハイサイド電流検出アンプ、1.21Vバンドギャップリファレンス、および2つのコンパレータ(オープンドレイン出力付き)を組み合わせて、過電力、過電流、および過電圧の状態を検出する回路を構築しています。オープンドレイン出力は、28Vの高い電圧に接続することができるため、回路遮断器アプリケーション用にハイサイドスイッチを駆動する場合に最適です。

MAX4210/MAX4211はいずれも、3種類の異なる電流検出アンプゲインのオプション(16.67V/V、25.00V/V、および40.96V/V)を備えています。MAX4210は、3mm x 3mmの6ピンTDFNと8ピンµMAX®パッケージで提供され、MAX4211は、4mm x 4mmの16ピンTQFNと16ピンTSSOPパッケージで提供されます。どちらの製品も、-40℃~+85℃の拡張動作温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4210、MAX4211:標準動作回路 MAX4210、MAX4211:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート ハイサイド電力および電流モニタ Feb 04, 2005
アプリケーションノート A Single-Chip Personal Alarm
アプリケーションノート Constant-Power Driver Is Simple, Efficient, and Inexpensive
アプリケーションノート Load-Power Monitor Improves High-Side Current Measurements
チュートリアル センサー信号パスの概要

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。