先頭に戻る

REFバッファ付き、超低オフセット/ドリフト、高精度計測アンプ

Autozeroを使って20µV (max)オフセットを実現する計測アンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Instrumentation/Difference Amplifiers
Architecture Indirect Current-Feedback
# Amplifiers 1
VCMVR (to Neg. Rail) Yes
Rail to Rail Output Only
AV (V/V) Adj.
ICC per Amp. (mA) (typ) 0.75
VOS (µV) (max) 20
CMRR @DC (dB) (typ) 135
PSRR @DC (dB) (typ) 125
Input IBIAS (nA) (max) 0.01
Unity Gain BW (MHz) (typ) 0.75
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.83
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Instrumentation/Difference Amplifiers
Architecture Indirect Current-Feedback
# Amplifiers 1
VCMVR (to Neg. Rail) Yes
Rail to Rail Output Only
AV (V/V) Adj.
ICC per Amp. (mA) (typ) 0.75
VOS (µV) (max) 20
CMRR @DC (dB) (typ) 135
PSRR @DC (dB) (typ) 125
Input IBIAS (nA) (max) 0.01
Unity Gain BW (MHz) (typ) 0.75
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.83

主な特長

  • スペクトラム拡散オートゼロ計測アンプによってDC特性を向上してセンサー性能を最大化
    • 入力オフセット電圧:±20µV (max、+25℃時)
    • 利得誤差:±0.25% (max)
    • 低オフセット電圧ドリフト:0.2µV/℃
    • CMOS入力バイアス電流:1pA
    • レール・ツー・レール出力を備えた真のグランド検出
    • 利得帯域積:750kHz
  • 高精度およびバイポーラ動作用のREF入力バッファ
  • 低電力動作によってリモート検出およびバッテリ駆動アプリケーションに対応
    • 単一電源動作:2.85V~5.5Vまたはデュアル電源:±1.425V~±2.75V
    • 消費電流:750µA
    • シャットダウンモード:1.4µA
  • 可変利得(MAX4208)および100固定利得(MAX4209)によって設計の柔軟性を提供

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動医療機器
  • 差動電圧アンプ
  • 産業用プロセス制御
  • ノートブックコンピュータ
  • 高精度ローサイド電流検出
  • 歪みゲージアンプ

説明

超低オフセット/ドリフト計測アンプのMAX4208/MAX4209は、超小型のµMAX®パッケージに、超高精度仕様、低消費電力、レイルトゥレイル出力、優れた利得帯域幅積、およびバッファされたREFIN/MODE入力を備えています。これらのデバイスは、入力オフセットを常に測定して補償するスペクトラム拡散オートゼロ技法を採用して、時間と温度に対するドリフトおよび1/fノイズの影響を排除します。この方式は、20µVを下回るオフセット電圧を達成することによって、グランド検出が可能になり、超低CMOS入力バイアス電流を提供し、コモンモード除去性能を向上させます。

MAX4208/MAX4209は、小信号差動電圧(±100mV)用に最適化されたハイインピーダンス入力を備えています。各デバイスは、750kHzの利得帯域幅積を提供します。

MAX4208は、2つの外付け抵抗で調整可能な利得、またはFBをOUTに接続するユニティ利得を提供します。MAX4209は、±0.03% (typ)の精度で、100V/Vの固定利得で利用することができます。いずれのデバイスも、出力をレベルシフトするリファレンス入力(REF)を備えているため、単一電源アプリケーションにおいてバイポーラ信号が可能になります。いずれのデバイスも、REFIN/MODEは、REF電圧を設定して出力をレベルシフトする高精度ユニティゲインバッファへの入力です。内蔵REFバッファによって、単純な抵抗分圧器によるリファレンスの設定または負荷エラーのないADCリファレンスが可能となります。

MAX4208/MAX4209は、2.85V~5.5Vの単一電源電圧で動作し、自己消費電流はわずか750µA (内蔵バッファがオフのとき)、シャットダウンモードの場合はわずか1.4µAです。また、これらのアンプは±2.5Vのデュアル電源でも動作し、この場合、REFはグランドに接続し、REFIN/MODEはVSSに接続します。MAX4208/MAX4209は、省スペースの8ピンµMAXパッケージで提供され、自動車用温度範囲(-40℃~+125℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4208、MAX4209:標準アプリケーション回路 MAX4208、MAX4209:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。