先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4206の評価キット Aug 20, 2004

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • +2.7V~+11Vの単一電源動作、または±2.7V~±5.5Vのデュアル電源動作
  • 10nA/100nA/1µA/10µAのオンボードリファレンス電流を選択可能
  • 出力スケール係数を調整可能
  • 表面実装構造
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • アナログ信号処理
  • 医療用計測
  • フォトダイオード電流監視
  • ポータブル計測機器

説明

MAX4206の評価キット(EVキット)は、完全実装および試験済みの表面実装型回路基板で、対数アンプMAX4206の動作を検証します。MAX4206は、リファレンス電流に対する入力電流の対数比を計算し、対応する電圧を出力します(スケール係数のデフォルトは0.25V/decade)。EVキットは、+2.7V~+11Vの単一電源または±2.7V~±5.5Vのデュアル電源で動作し、4つのリファレンス電流のうちの1つを選択することができます。

MAX4206 EVキットは、ICと入力RCネットワーク(R1、R2、C7、およびC8)を変更することによって、MAX4207の評価に使用することができます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX4206の評価キット Aug 20, 2004

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。