先頭に戻る

5桁以上のダイナミックレンジをカバーする高精度トランスインピーダンス対数アンプ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Logarithmic Amplifiers
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.7
VSUPPLY (Single) (V) (max) 11
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 2.7
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 5.5
ICC (mA) (typ) 3.9
Log. Slope (mV/ decade) 250
Dynamic Range (dB) 100
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
4
Parametric specs for Transimpedance Amplifiers (TIA)
Target Oper. Range (Gbps) <1
Data Rate (Mbps) (min) 0.005
VSUPPLY (V) 5
ICC (mA) (typ) 3.9
Input Noise (nA) (max) 17000
Bandwidth (MHz) (min) 5
IIN (µA) (max) 10
Package/Pins TQFN/16
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Logarithmic Amplifiers
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.7
VSUPPLY (Single) (V) (max) 11
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 2.7
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 5.5
ICC (mA) (typ) 3.9
Log. Slope (mV/ decade) 250
Dynamic Range (dB) 100
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
4
Parametric specs for Transimpedance Amplifiers (TIA)
Target Oper. Range (Gbps) <1
Data Rate (Mbps) (min) 0.005
VSUPPLY (V) 5
ICC (mA) (typ) 3.9
Input Noise (nA) (max) 17000
Bandwidth (MHz) (min) 5
IIN (µA) (max) 10
Package/Pins TQFN/16

主な特長

  • 単一電源性能によってシステム電源要件を低減
    • 単一電源動作:+2.7V~+11V
    • デュアル電源動作にも対応(必要な場合):±2.7V~±5.5V
  • ほとんどのフォトダイオード電流測定アプリケーションに対応する広いダイナミックレンジ
    • 5桁のダイナミックレンジ(10nA~1mA)
    • 1nA~1mAの全範囲で単調
    • 調整可能な出力スケール係数
    • 内部調整された出力スケール係数:0.25V/桁
    • 調整可能な出力オフセット電圧
    • 内部リファレンス電流ソース:10nA~10µA
    • 入力コモンモード電圧:0.5V
  • 小型パッケージと低外付け部品数によってスペースを削減してデザインインを簡素化
    • 16ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • アナログ信号処理
  • 医療用計測
  • フォトダイオード電流監視
  • ポータブル計測機器

説明

対数アンプのMAX4206は、入力電流と基準電流(外部または内部で発生する)の対数比を計算して、デフォルト値0.25V/桁のスケールファクタで電圧出力を生成します。この製品は、+2.7V~+11Vの単一電源または±2.7V~±5.5Vのデュアル電源で動作し、10nA~1mAの5桁の範囲の入力電流を測定することができます。

MAX4206の汎用オペアンプは、ノイズのフィルタリング、オフセットの印加、ゲインの増加など様々な目的に利用することができます。また、0.5Vのリファレンスが、外付け抵抗器を使用して高精度電流リファレンス(オプション)を発生させるために内蔵されており、MAX4206の対数切片を調整します。出力オフセット電圧とスケールファクタも外付け抵抗器を使用して設定します。

MAX4206は、省スペースの16ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm x 0.8mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX4206:標準動作回路 MAX4206:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。