MAX4201EVKIT

MAX4201の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4201の評価キット(EVキット)は、超高速、低電力、低ノイズ、オープンループバッファのMAX4201の評価を容易にします。このEVキットの回路は非反転ユニティゲイン構成でMAX4201を評価できます。EVキットには、試験機器に接続できるように、RF式のコネクタ(SMA)および50Ω終端抵抗が含まれています。

このEVキットはMAX4200およびMAX4202の評価にも使用できます(無料サンプルに関しては、マキシムまでお問合せください)。尚、MAX4201には50Ωの内部出力終端抵抗が、MAX4202には75Ωの内部出力終端抵抗が含まれていますが、MAX4200には内部出力終端抵抗はありません(詳細についてはMAX4200~MAX4205のデータシートを参照してください)。

主な特長

  • -3dB帯域幅:780MHz
  • 0.1dB利得平坦性:280MHz
  • 電圧ノイズ密度:2.1nV/√Hz
  • 電流ノイズ密度:0.8pA/√Hz
  • スルーレート:4200V/µs
  • 優れた容量性負荷駆動能力
  • 完全実装済み、試験済みの表面実装ボード

アプリケーション/用途

  • デジタル伝送ラインドライバ
  • 高速ADC入力バッファ
  • 高速DACバッファ
  • IF/通信システム
  • ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX3522B
DOCSIS 3.1プログラマブルゲインアンプ

  • +68dBmVの出力パワーを提供するとともにDOCSIS 3.1の要件に適合
  • 5MHz~204MHzの出力帯域幅に対応
  • デュアル出力によって外付けRFスイッチが不要