先頭に戻る

最大1.2µA、シングル、デュアル、クワッド、単一電源オペアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • アンプ当りの自己消費電流:1.2µA (max)
  • 単一電源範囲+2.5V~+10V
  • オフセット電圧:500µV (max) (MAX406A/MAX409A)
  • 入力バイアス電流:< 0.1pA (typ)
  • 出力振幅:レイルトゥレイル
  • 負レイルを含む入力電圧範囲

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動システム
  • コードレス電話
  • 電位計アンプ
  • 血糖値メータ
  • GPSソリューション
  • 本質安全システム
  • IPカメラ
  • 医療用機器
  • パネルメータ
  • pHメータ
  • フォトダイオードプリアンプ
  • パワーメータ
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)

説明

MAX406/MAX407/MAX417~MAX419は、バッテリ駆動システム用に設計されたシングル、デュアル、およびクワッド低電圧、マイクロパワー、高精度オペアンプです。これらの製品は全電源範囲で比較的一定なアンプ当り1.2µA以下の消費電流を特長としており、業界標準のマイクロパワーオペアンプに比べ15~20倍の改善を示しています。ユニークな出力段によって、これらのオペアンプは超低消費電流で動作する一方、負荷状況下でのリニアリティを維持します。さらに、9Vバッテリによる駆動の際は出力は1.8mAの供給が可能です。

コモンモード入力電圧範囲は負レイルから正電源の1.1V以内まであり(これはシングルの場合で、デュアルとクワッドの場合は1.2V)、出力段はレイルトゥレイルで振幅します。全ファミリは動作温度範囲全体で良好なDC特性を維持するように設計されており入力換算エラーを最小限にします。

MAX406は、補償モードと非補償モードの2つの動作モードを備えたシングルオペアンプです。BW (ピン8)をフローティングまたはV-に内部接続することでアンプを補償します。このモードではMAX406は5V/ms (typ)のスルーレートおよび8kHzの利得帯域幅となりユニティゲインで安定です。BWをV+に接続することで、MAX406は20V/ms (typ)のスルーレートおよび40kHzの利得帯域幅(AVCL ≥ 2V/V)で非補償モードになります。

デュアルMAX407およびクワッドMAX418は、内部補償されておりユニティゲインで安定です。MAX409/MAX417/MAX419シングル/デュアル/クワッドオペアンプは150kHz (typ)の帯域幅、75V/msのスルーレートおよび10V/V以上の利得の安定を特長とします。

簡易ブロック図

MAX406、MAX407、MAX409、MAX417、MAX418、MAX419:標準動作回路 MAX406、MAX407、MAX409、MAX417、MAX418、MAX419:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。