先頭に戻る

350MHz/250MHz、2チャネル、ビデオマルチプレクサ/アンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 優れたビデオ仕様:
    • 0.1dB利得平坦性:130MHzまで
    • 微分利得/位相エラー:0.01%/0.01°
  • 高速性:
    • -3dB帯域幅:350MHz (MAX4158/4159)
    • -3dB帯域幅:250MHz (MAX4258/4259)
    • スルーレート:700V/µs (MAX4158/4159)
    • スルーレート:1000V/µs (MAX4258/4259)
    • 0.1%までのセトリング時間:20ns
  • 高速スイッチング:
    • チャネルスイッチング時間:20ns
    • スイッチングトランジェント:70mV以下
  • 低電力:100mW
  • 75Ωまたは50Ωケーブルを直接駆動
  • 大出力電流:70mA以上
  • アドレスラッチおよびハイインピーダンス出力ディセーブル

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドビデオ
  • 同軸ケーブルドライバ
  • 高精細テレビ(HDTV)
  • 高速信号処理
  • マルチメディア製品
  • ピクセル切替
  • ビデオクロスポイント切替
  • ビデオ信号多重化
  • ワークステーション

説明

MAX4158/MAX4159/MAX4258/MAX4259は、マルチプレクサ付きの広帯域2チャネル非反転ビデオアンプで、±2.5Vの信号を50Ωまたは75Ωの負荷に出力する能力を備えています。これらは電流モードフィードバックアンプとなっており、利得は外部フィードバック抵抗によって設定します。MAX4158/MAX4159はユニティゲイン(0dB)用に最適化されており、-3dB帯域幅は350MHzです。MAX4258/MAX4259は利得2 (6dB)以上用に最適化されており、-3dB帯域幅は250MHzです。微分利得および位相エラーが低く(0.01%/0.01°)、±5V電源で動作します。

本製品は、2pFの低入力容量、僅か20nsのチャネル間スイッチング時間および130MHzの広い0.1dB帯域幅を備えているため、放送用およびグラフィックスビデオ機器に最適です。さらに、超高速および低電力特性を兼ね備えているため、医療用画像処理、工業用計測器および通信機器等の汎用高速アプリケーションに最適です。

MAX4159/MAX4259は、アドレスラッチ機能およびハイインピーダンス出力ディセーブル機能を備えているため、大型スイッチングアレイに組み込むことができます。これらは、14ピンSOおよび16ピンQSOPパッケージで供給されています。MAX4158/MAX4258は、アドレスラッチ機能や出力ディセーブル機能を備えていませんが、省スペースの8ピンµMAX®およびSOパッケージで供給されています。

簡易ブロック図

MAX4158、MAX4159、MAX4258、MAX4259:ピン配置/ファンクションダイアグラム/真理値表 MAX4158、MAX4159、MAX4258、MAX4259:ピン配置/ファンクションダイアグラム/真理値表 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。