MAX4138

1入力/4出力ビデオ分配アンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4137/MAX4138はビデオ分配アプリケーション用に高速性と高速スイッチング性を兼ね備えた1入力4出力電圧フィードバックアンプです。MAX4137は内部で閉ループ利得2V/Vに設定されています。MAX4138は外部で利得2V/V以上に設定できます。

MAX4137は-3dB帯域幅が185MHz、利得平坦性(0.1dB)が40MHzです。MAX4138は-3dB帯域幅が140MHz、利得平坦性(0.1dB)が40MHzです。いずれもスルーレートが1000V/µsで、フルパワー帯域幅がそれぞれ185MHzおよび140MHzと優れています。

チャネルスイッチング時間が25nsであるため、ピクチャインピクチャのアプリケーションでの高速多重化が可能になっており、しかもオフアイソレーションが75dBと高く、他全ピンとのクロストーク-50dB (f = 30MHz)を保持しています。MAX4137/MAX4138は内蔵ロジックによって4つの信号出力の任意の組み合わせを選択することができます。各出力は±2Vのスイングが可能で、出力電流能力は最大65mAです。

1入力/6出力分配アンプを必要とするアプリケーションの場合はMAX4135/MAX4136のデータシートを参照してください。

主な特長

  • 固定利得2V/V (MAX4137)
  • 外部利得設定(MAX4138)
  • 高速:
    • -3dB帯域幅:185MHz (MAX4137)
    • -3dB帯域幅:140MHz (MAX4138)
    • スルーレート:1000V/µs
  • 広フルパワー帯域幅(VOUT = 2VP-P):
    • 185MHz (MAX4137)
    • 140MHz (MAX4138)
  • 利得平坦性(0.1dB):40MHz
  • 低差動利得/位相エラー:0.10%/0.02°
  • ハイインピーダンス出力ディセーブル

アプリケーション/用途

  • コンポジットビデオプリアンプ
  • 高画質RGB CRTモニタ
  • 高速アナログバスドライバ
  • RF信号処理
  • ビデオ切替および分配
信頼性レポートをリクエスト: MAX4138 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX32000
高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供

MAX40662
Quad Transimpedance Amplifier with Input Current Clamp and Multiplexer for LiDAR

  • AEC-Q100
  • Enables ASIL Compliance (FMEDA Available Upon Request)
  • Internal Multiplexer

MAX40027
デュアル280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時のばらつき:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V