MAX4135

1入力/6出力ビデオ分配アンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4135/MAX4136は、ビデオ分配アプリケーション に最適な高速性と高速スイッチング性を兼ね備えた1入力/ 6出力の電圧フィードバックアンプです。MAX4135は、閉ループ利得2V/Vに内部設定されています。MAX4136は、利得2V/V以上に外部設定できます。

MAX4135は、-3dB帯域幅が185MHz、利得平坦性(0.1dB)が40MHzです。MAX4136は、-3dB帯域幅が140MHzです。両製品ともスルーレートが1000V/µsで、フルパワー帯域幅がそれぞれ185MHzおよび140MHzと優れています。

チャネルスイッチング時間が25nsであるため、ピクチャインピクチャのアプリケーションでの高速多重化が可能になっており、しかもオフアイソレーションが75dBと高く、全クロストーク-50dB (f = 30MHz)を保持しています。MAX4135/MAX4136では、内蔵ロジックによって6つの信号出力の任意の組み合わせを選択できます。各出力は、±2Vのスイングが可能で、65mA供給できます。

1入力/4出力の分配アンプを必要とするアプリケーションの場合は、MAX4137/MAX4138のデータシートを参照してください。

主な特長

  • 固定利得2V/V (MAX4135)
  • 外部利得設定(MAX4136)
  • 高速:
    • -3dB帯域幅:185MHz (MAX4135)
    • -3dB帯域幅:140MHz (MAX4136)
    • スルーレート:1000V/µs
  • 高フルパワー帯域幅(VOUT = 2VP-P):
    • 185MHz (MAX4135)
    • 140MHz (MAX4136)
  • 利得平坦性(0.1dB):40MHz
  • 低微分利得/位相エラー:0.10%/0.02°
  • ハイインピーダンス出力ディセーブル

アプリケーション/用途

  • コンポジットビデオプリアンプ
  • 高画質RGB CRTモニタ
  • 高速アナログバスドライバ
  • RF信号処理
  • ビデオ切替および分配

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX4135 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX3522B
DOCSIS 3.1 Programmable-Gain Amplifier

  • Delivers +68dBmV Output Power While Meeting DOCSIS 3.1 Requirements
  • Covers 5MHz–204MHz Output Bandwidth
  • Dual Outputs Eliminates Need for an External RF Switch

MAX49017
1.7V、デュアルマイクロパワーコンパレータ、リファレンス内蔵

  • マイクロパワー動作電流によってバッテリ電力を維持:合計1.35µA (typ)、2.55µA (max)
  • 内部高精度リファレンスによって外部リファレンスのスペースとコストを節約
  • 1%以下(室温)、2.5%以下(全温度基準)

MAX40660
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660

MAX40661
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660