先頭に戻る

400MHz、超低歪みオペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 400MHz、超低歪みオペアンプ Apr 01, 1997

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高速:
    • ユニティゲイン帯域幅(MAX4108):400MHz
    • -3dB帯域幅(AVCL = +2、MAX4109):225MHz
    • -3dB帯域幅(AVCL = +5、MAX4308):220MHz
    • -3dB帯域幅(AVCL = +10、MAX4309):200MHz
  • スルーレート:1200V/µs
  • スプリアスフリーダイナミックレンジ:
    • -93dBc (fC = 5MHz、MAX4108)
    • -90dBc (fC = 5MHz、MAX4109)
  • 0.1dBゲイン平坦性:100MHz (MAX4108)
  • 広フルパワー帯域幅:300MHz (MAX4108、VO = 2VP-P)
  • 高出力電流能力:90mA
  • 出力短絡保護
  • 低微分利得/位相:0.004%/0.008°

アプリケーション/用途

  • アクティブフィルタ
  • ブロードバンドおよび高精細TVシステム
  • 高性能レシーバ
  • 高速ADC/DACプリアンプ
  • パルス/RFアンプ
  • RGBおよびコンポジットビデオ
  • 超音波

説明

MAX4108/MAX4109/MAX4308/MAX4309は、超高速性能と超低歪みを兼ね備えたオペアンプです。MAX4108はユニティゲイン安定用に補償されており、MAX4109、MAX4308およびMAX4309は、それぞれ2V/V、5V/Vおよび10V/V以上の閉ループ利得(AVCL)に補償されています。

MAX4108はユニティゲイン帯域幅が400MHz、スルーレートが1200V/µsです。これらのアンプは超低歪み設計により、これまでで最高のスプリアスフリーのダイナミックレンジである-93dBc (MAX4108、5MHz、VOUT = 2VP-P、RL = 100Ω)を達成し、高性能RF信号処理に最適です。

これらの高速オペアンプは出力電圧スイングが大きく、また電流駆動能力も90mAと優れています。

簡易ブロック図

MAX4108、MAX4109、MAX4308、MAX4309:標準アプリケーション回路 MAX4108、MAX4109、MAX4308、MAX4309:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 400MHz、超低歪みオペアンプ Apr 01, 1997

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。