MAX4103

250MHz、放送品質、低電力ビデオオペアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX4102/MAX4103は、高速性能と超低微分利得/位相を兼ね備えたオペアンプで、消費電流は僅か5mAです。MAX4102はユニティゲイン安定用に補償されており、MAX4103は2V/V以上の閉ループ利得(AVCL)用に補償されています。

-3dB帯域幅はMAX4102が250MHz、MAX4103が180MHzです。微分利得および微分位相はMAX4102が0.002%/0.002°、MAX4103が0.008%/0.003°と極めて低いため、コンポジットビデオアプリケーションに最適です。

これらの高速オペアンプは出力電圧スイングが±3.4V (RL = 100Ω)と大きく、電流駆動能力は80mAです。
MAX4102、MAX4103:標準アプリケーション回路 MAX4102、MAX4103:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • -3dB帯域幅:250MHz (MAX4102)
  • -3dB帯域幅:180MHz (MAX4103)
  • ユニティゲイン安定(MAX4102)
  • スルーレート:350V/µs
  • 超低微分利得/位相(RL = 150Ω)
    • MAX4102:0.002%/0.002°
    • MAX4103:0.008%/0.003°
  • 低歪み(SFDR 5MHz):-78dBc
  • 開ループ利得:100dB
  • 高出力駆動能力:80mA
  • 低電力:消費電流5mA

アプリケーション/用途

  • ADC/DACアンプ
  • ブロードバンドおよび高精細TVシステム
  • パルス/RFアンプ

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX4103 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX40660
Transimpedance Amplifier with 100mA Input Current Clamp for Automotive LiDAR

  • AEC-Q100
  • Enables ASIL Compliance (FMEDA Available UponRequest)
  • MAX40660

MAX40661
Transimpedance Amplifier with 100mA Input Current Clamp for Automotive LiDAR

  • AEC-Q100
  • Enables ASIL Compliance (FMEDA Available UponRequest)
  • MAX40660

MAX40025C
280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時の分散:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V

MAX40026
280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時の分散:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V

MAX40025A
280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時の分散:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V