先頭に戻る

Transimpedance Amplifiers with Selectable Gain and Input Current Clamp

ディスクリートアンプを代替、より小型の実装面積および整合性の向上を実現

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Transimpedance Amplifiers (TIA)
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 30
Bandwidth (MHz) (min) 300
IIN (µA) (max) 10
ZT (kΩ) 50
Package/Pins WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.18
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Transimpedance Amplifiers (TIA)
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 30
Bandwidth (MHz) (min) 300
IIN (µA) (max) 10
ZT (kΩ) 50
Package/Pins WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
2.18

主な特長

  • Optimized for CIN = 0.25pF to 5pF
  • Bandwidth = 300MHz (typ)
  • 1.1pA/√Hz Input-Referred Noise
  • Two Pin-Selectable Transimpedance Values (RL = 1kΩ)
    • 150kΩ
    • 750kΩ
  • Internal Clamp for Input Current up to 2A (Transient)
  • Fast Overload Recovery: 25ns at 100mA
  • Offset Input ​Provides Offset Adjust Feature
  • SD Input Shuts Down Internal Circuitry
  • 3.3V Operation
  • 1.75mm x 1.24mm, 8-Bump WLP

アプリケーション/用途

  • 産業用セーフティシステム
  • LIDARレシーバ
  • 光距離測定

説明

The MAX40213 is a transimpedance amplifier for optical distance measurement receivers in LiDAR applications. Low noise, high gain, low group delay, and fast recovery from overload make this TIA ideal for distance-measurement applications. Important features include 1.1pA/√Hz input-referred noise density, an internal 2A input clamp, pin-selectable 150kΩ and 750kΩ transimpedance (into a 1kΩ load), and wide bandwidth (300MHz, typ). An offset current input allows optional adjustment of input offset current. The MAX40213 has a shutdown (SD) control input that reduces the supply current to 0.01μA. This transimpedance amplifier is available in a 8-bump WLP, and is specified over the -40°C to +85°C operating temperature range.

簡易ブロック図

MAX40213:標準アプリケーション回路 MAX40213:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。