先頭に戻る

双方向電流検出アンプ、PWM除去内蔵

DCサーボドライブの同相測定のサイズおよび性能の大幅な向上を実現

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-250
VOS @25°C (µV) (max) 20
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) -0.1
CMVR (V) (max) 65
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 6000
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain 10 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.26
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 双方向電流検出アンプ、PWM除去内蔵 Feb 11, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-250
VOS @25°C (µV) (max) 20
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) -0.1
CMVR (V) (max) 65
VCC (V) (min) 2.7
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 6000
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain 10 V/V
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/8
WLP/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.26

主な特長

  • AEC-Q100
  • 高速PWMエッジ回復:500ns (500V/µs PWMエッジから)
  • AC CMRR除去:60dB (50V、±500V/µs PWMエッジ)
  • DC CMRR除去:140dB
  • 入力電圧範囲:-0.1V~+65V
  • 保護耐圧:-5V~+70V
  • -3dB帯域幅:300kHz
  • 複数の利得オプション:10V/V、20V/V、50V/V
  • 双方向オフセット用の内部1%リファレンス
  • 入力オフセット電圧:5µV (typ)
  • レール・ツー・レール出力
  • 2.02mm × 1.4mm、8ピンWLPおよび8ピンµMAX
  • 温度範囲:-40℃~+125℃

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • バッテリスタックモニタ
  • 誘導負荷の電流監視
  • PWM Hブリッジモーターインライン/同相/巻線電流検出
  • ソレノイド電流検出

説明

MAX40056は双方向電流検出アンプで、-0.1V~+65Vにわたる入力コモンモード範囲と、-5Vまでの負の誘導性キックバック電圧に対する保護を備えています。このCSAは、パルス幅変調を使用して駆動電圧および電流を制御する、モーターやソレノイドなどの誘導性負荷の位相電流監視に最適です。MAX40056は改良された手法を使用し、最大±500V/µsおよびそれ以上のスルーレートでコモンモード入力PWMエッジの除去に役立ちます。コモンモード除去比(CMRR)は、60dB (typ、50V、±500V/µs入力)および140dB DC (typ)です。

MAX40056は、公称+3.3V電源で使用する内部+1.5Vリファレンスを備えています。このリファレンスは、隣接する差動ADCの駆動に使用することも可能です。このリファレンスは、検出された入力電流の方向を示すための出力のオフセットに使用されます。REF端子は外部負荷に電流を供給可能で、リファレンス電圧をノイズの多いPCB内に配線することによる性能の劣化を防ぐために役立ちます。あるいは、より高い電源電圧およびより大きいフルスケール出力振幅の場合、より高電圧の、外部リファレンスによって、内部リファレンスをオーバーライドすることも可能です。

内部または外部リファレンスを使用して、内蔵過電流コンパレータのトリップスレッショルドを定義することができます。これによって、過電流フォルト状態を瞬時に表示することができます。

MAX40056は、-40℃~+125℃の温度範囲全体にわたって、+2.7V~+5.5Vの電源電圧で動作します。このデバイスは、8ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (2.02mm × 1.4mm)および8ピンµMAXパッケージで提供されます。

デザインソリューション:How Less Can Be More in Motor Control Design ›

簡易ブロック図

MAX40056F、MAX40056T、MAX40056U:簡易ブロックダイアグラム MAX40056F、MAX40056T、MAX40056U:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート 双方向電流検出アンプ、PWM除去内蔵 Feb 11, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。