先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX40000 / MAX40001の評価キット Jul 19, 2017

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 入力電圧範囲:-0.2V~VDD + 0.2V
  • VDD範囲:1.7V~5.5V (内部リファレンス)
    • 1.252V、1.66V、1.94V、および2.22Vの内部電圧リファレンスオプションが利用可能(VDDの最小値は電圧リファレンスオプションによって異なります)
  • 注:VDDの最小値の詳細については、MAX40000 ICのデータシートの「Electrical Characteristics (電気的特性)」の表を参照してください。
  • 外部ヒステリシスを追加する設定
  • 6ピンWLPを評価
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 電子玩具
  • レベル検出器
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブル医療用計測装置/ウェアラブル
  • タブレットおよび民生機器用アクセサリ

説明

MAX40000とMAX40001の評価キット(EVキット)は、それぞれ電圧リファレンス内蔵シングルコンパレータのMAX40000およびMAX40001を評価する完全実装および試験済みのプリント基板です。デフォルトでは、MAX40001のEVキットはオープンドレイン出力を備えているのに対し、MAX40000のEVキットはプッシュプル出力を備えています。これらのEVキットには、1.7V~5.5VのVCC電源で動作し、1.252Vの内部リファレンス電圧と、広い-0.2V~+5.7Vの入力電圧(VIN)範囲を備えたMAX40000ANT12+/MAX40001ANT12+が実装されています。これらのEVキットは、超小型、6ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (1.1mm x 0.76mm、0.35mmピッチ)のMAX40000ANT12+/MAX40001ANT12+を実証します。

これらのEVキットは、6ピンWLPオプションを備えたMAX40000/MAX40001ファミリ全体の評価に使用することができます。MAX40001のEVキットに含まれるデフォルトのMAX40001 ICの代わりにMAX40000を評価する場合は、MAX40001のEVキット上のプルアップ抵抗R3を除去します。

技術資料

データシート MAX40000 / MAX40001の評価キット Jul 19, 2017

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。