先頭に戻る

高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

業界最高速のクワッドチャネルドライバ、最も広い-2V~+6Vの動作範囲

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for ATE Pin Electronics
Drvr./ Comp./ Load D/C
# Channels 4
PDISS (W) (per chan.) 0.7
VDUT (V) (min) -2
VDUT (V) (max) 6
Drive Levels 4
ROUT (Ω) 48
Drvr. PW (3Vp-p) (ns) (min) 0.8
Drvr. tRISE (3Vp-p) (ns) 0.6
Load Type n/a
Load (max) n/a
Prog. Drvr. Slew Rate Yes
Comparator Configuration n/a
Clamps No
Integ. PMU I/F No
Package/Pins TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
39.31
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for ATE Pin Electronics
Drvr./ Comp./ Load D/C
# Channels 4
PDISS (W) (per chan.) 0.7
VDUT (V) (min) -2
VDUT (V) (max) 6
Drive Levels 4
ROUT (Ω) 48
Drvr. PW (3Vp-p) (ns) (min) 0.8
Drvr. tRISE (3Vp-p) (ns) 0.6
Load Type n/a
Load (max) n/a
Prog. Drvr. Slew Rate Yes
Comparator Configuration n/a
Clamps No
Integ. PMU I/F No
Package/Pins TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
39.31

主な特長

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
    • チャネル当り700mW
    • 2.57Gbps (+1V設定時)
    • 立上り/立下り時間(20%から80%):280ps (typ、+2V時)
    • 超低タイミングばらつき:50ps (typ)
    • 広い電圧範囲:-2V~+6V
    • VHH設定モード(第4レベル駆動)内蔵:最大13V
    • 低リークモード:100nA
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供
    • 設定可能な2つの時定数ケーブルドループ補償
    • デジタルスルーレート制御によってEMIに敏感なアプリケーションに対応
    • 調整可能な出力抵抗(分解能:360mΩ)
    • 22のDACによって制御および監視用のDC電圧レベルを生成
    • 50MHzのSPIインタフェース

アプリケーション/用途

  • バーンインテスタ
  • デジタルテスタ
  • ディスクリート部品ATE
  • メモリテスタ
  • SOCテスタ
  • ウェハテスタ

説明

MAX32000は全機能内蔵、4チャネル、高性能ピンエレクトロニクスドライバで、レベル設定DACを内蔵し、メモリおよびSOCのATEシステムに最適です。MAX32000の各チャネルは4レベルのピンドライバ、設定可能なケーブルドループ補償、5つの14ビットDAC、およびAC較正に役立つコンパレータを内蔵しています。

このドライバは広い-2V~+6Vの動作範囲および+2V動作時に1200Mbpsのデータレートを備え、高電圧モード(VHHモード)では0~13Vの出力電圧範囲を提供します。このデバイスはハイインピーダンス、アクティブ終端(第3レベル駆動)を内蔵し、低電圧振幅でも非常にリニアです。較正コンパレータおよびマルチプレクサは、各チャネルのタイミング較正経路を提供します。シリアルインタフェースはデバイスの設定を行い、PCBの信号配線を容易にします。

MAX32000は上面エクスポーズドパッドを備えた64ピンTQFP-EPRパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX32000:ブロックダイアグラム MAX32000:ブロックダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。