先頭に戻る

高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

業界最高速のクワッドチャネルドライバ、最も広い-2V~+6Vの動作範囲

製品詳細

MAX32000は全機能内蔵、4チャネル、高性能ピンエレクトロニクスドライバで、レベル設定DACを内蔵し、メモリおよびSOCのATEシステムに最適です。MAX32000の各チャネルは4レベルのピンドライバ、設定可能なケーブルドループ補償、5つの14ビットDAC、およびAC較正に役立つコンパレータを内蔵しています。

このドライバは広い-2V~+6Vの動作範囲および+2V動作時に1200Mbpsのデータレートを備え、高電圧モード(VHHモード)では0~13Vの出力電圧範囲を提供します。このデバイスはハイインピーダンス、アクティブ終端(第3レベル駆動)を内蔵し、低電圧振幅でも非常にリニアです。較正コンパレータおよびマルチプレクサは、各チャネルのタイミング較正経路を提供します。シリアルインタフェースはデバイスの設定を行い、PCBの信号配線を容易にします。

MAX32000は上面エクスポーズドパッドを備えた64ピンTQFP-EPRパッケージで提供されます。

主な機能

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
    • チャネル当り700mW
    • 2.57Gbps (+1V設定時)
    • 立上り/立下り時間(20%から80%):280ps (typ、+2V時)
    • 超低タイミングばらつき:50ps (typ)
    • 広い電圧範囲:-2V~+6V
    • VHH設定モード(第4レベル駆動)内蔵:最大13V
    • 低リークモード:100nA
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供
    • 設定可能な2つの時定数ケーブルドループ補償
    • デジタルスルーレート制御によってEMIに敏感なアプリケーションに対応
    • 調整可能な出力抵抗(分解能:360mΩ)
    • 22のDACによって制御および監視用のDC電圧レベルを生成
    • 50MHzのSPIインタフェース

アプリケーション/用途

  • バーンインテスタ
  • デジタルテスタ
  • ディスクリート部品ATE
  • メモリテスタ
  • SOCテスタ
  • ウェハテスタ
Parametric specs for ATE Pin Electronics
Drvr./ Comp./ Load D/C
# Channels 4
PDISS (W) (per chan.) 0.7
VDUT (V) (min) -2
VDUT (V) (max) 6
Drive Levels 4
ROUT (Ω) 48
Drvr. PW (3Vp-p) (ns) (min) 0.8
Drvr. tRISE (3Vp-p) (ns) 0.6
Load Type n/a
Load (max) n/a
Prog. Drvr. Slew Rate Yes
Comparator Configuration n/a
Clamps No
Integ. PMU I/F No
Package/Pins TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
$37.08 @1k
View More

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX32000の評価キット(EVキット)は、較正コンパレータおよびレベル設定DAC内蔵4チャネルピンエレクトロニクスドライバのMAX32000の評価を簡素化し、機能を実証する完全実装および試験済みプリント基板(PCB)です。EVキットに入出力用の標準50Ω SMAコネクタが搭載されているため、テストベンチでの迅速かつ容易な評価が可能です。

MAX32000のEVキットはSPIインタフェースとUSBの間の変換を行うマイクロコントローラを備えており、ユーザーはPC上で動作するグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ソフトウェアで内部レジスタおよびモードを設定することができます。このEVキットはWindows® 10対応ソフトウェアを備え、SPIを介してMAX32000の全レジスタを設定するための簡素なGUIを提供します。このEVキットは、出荷時に完全実装および試験済みです。

このデータシートには、デバイスの評価に必要な機器の一覧、機能検証用の簡単な試験手順、EVキットの回路説明、部品リスト、回路図、およびPCB各層のアートワークが記載されています。

詳細を見る

特徴

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
    • チャネル当り700mW
    • 2.57Gbps (+1V設定時)
    • 立上り/立下り時間(20%から80%):280ps (typ、+2V時)
    • 超低タイミングばらつき:50ps (typ)
    • 広い電圧範囲:-2V~+6V
    • VHH設定モード(第4レベル駆動)内蔵:最大13V
    • 低リークモード:100nA
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供
    • 設定可能な2つの時定数ケーブルドループ補償
    • デジタルスルーレート制御によってEMIに敏感なアプリケーションに対応
    • 調整可能な出力抵抗(分解能:360mΩ)
    • 22のDACによって制御および監視用のDC電圧レベルを生成
    • 50MHzのSPIインタフェース

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for ATE Pin Electronics
Drvr./ Comp./ Load D/C
# Channels 4
PDISS (W) (per chan.) 0.7
VDUT (V) (min) -2
VDUT (V) (max) 6
Drive Levels 4
ROUT (Ω) 48
Drvr. PW (3Vp-p) (ns) (min) 0.8
Drvr. tRISE (3Vp-p) (ns) 0.6
Load Type n/a
Load (max) n/a
Prog. Drvr. Slew Rate Yes
Comparator Configuration n/a
Clamps No
Integ. PMU I/F No
Package/Pins TQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
$37.08 @1k

主な機能

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
    • チャネル当り700mW
    • 2.57Gbps (+1V設定時)
    • 立上り/立下り時間(20%から80%):280ps (typ、+2V時)
    • 超低タイミングばらつき:50ps (typ)
    • 広い電圧範囲:-2V~+6V
    • VHH設定モード(第4レベル駆動)内蔵:最大13V
    • 低リークモード:100nA
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供
    • 設定可能な2つの時定数ケーブルドループ補償
    • デジタルスルーレート制御によってEMIに敏感なアプリケーションに対応
    • 調整可能な出力抵抗(分解能:360mΩ)
    • 22のDACによって制御および監視用のDC電圧レベルを生成
    • 50MHzのSPIインタフェース

アプリケーション/用途

  • バーンインテスタ
  • デジタルテスタ
  • ディスクリート部品ATE
  • メモリテスタ
  • SOCテスタ
  • ウェハテスタ

説明

MAX32000は全機能内蔵、4チャネル、高性能ピンエレクトロニクスドライバで、レベル設定DACを内蔵し、メモリおよびSOCのATEシステムに最適です。MAX32000の各チャネルは4レベルのピンドライバ、設定可能なケーブルドループ補償、5つの14ビットDAC、およびAC較正に役立つコンパレータを内蔵しています。

このドライバは広い-2V~+6Vの動作範囲および+2V動作時に1200Mbpsのデータレートを備え、高電圧モード(VHHモード)では0~13Vの出力電圧範囲を提供します。このデバイスはハイインピーダンス、アクティブ終端(第3レベル駆動)を内蔵し、低電圧振幅でも非常にリニアです。較正コンパレータおよびマルチプレクサは、各チャネルのタイミング較正経路を提供します。シリアルインタフェースはデバイスの設定を行い、PCBの信号配線を容易にします。

MAX32000は上面エクスポーズドパッドを備えた64ピンTQFP-EPRパッケージで提供されます。

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.