MAX2678EVKIT

MAX2678の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2678の評価キット(EVキット)は、要求の厳しい車載アプリケーションで使用するために設計され35dBの利得を提供する、2段構成高性能GPS LNAのMAX2678の分かりやすい評価を可能にする使いやすいプラットフォームです。このEVキットは、標準的なリモートアンテナモジュールで一般的に見られる(12Vレギュレータ以外の)すべての機能を含んでいます。最適な整合および結合回路がEVキット上に含まれており、「プラグアンドプレイ」動作を可能にします。多くのアプリケーションでは、帯域外妨害に対する耐性を最大化するために段間SAWフィルタが使用されます。この構成の評価を可能にするために、1組のコモンSAWフィルタの実装場所が利用可能です。いずれかの利得段の単体でのテストまたは2つの利得段とオプションのSAWフィルタをカスケード接続したテストを可能にするための抵抗オプションが提供されます。MAX2678のEVキットとRF試験装置のインタフェースは、業界標準のSMAコネクタを使って合理化されます。

主な特長

  • MAX2678 ICの柔軟な評価
    • AMP 1またはAMP 2の単体構成
    • 段間SAWフィルタを使用するカスケード構成*
  • 最適な整合および結合によって調整が不要
  • 全ポートが50Ωに整合されSMAコネクタを介してアクセス可能なため、インタフェースが簡素
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

*SAWフィルタは含まれていません。

アプリケーション/用途

  • アクティブアンテナ
  • 車載用および航海用、高集積GPSレシーバ

ツールおよびモデル

  • MAX2678EVKIT ODB ファイル
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX3522B
    DOCSIS 3.1プログラマブルゲインアンプ

    • +68dBmVの出力パワーを提供するとともにDOCSIS 3.1の要件に適合
    • 5MHz~204MHzの出力帯域幅に対応
    • デュアル出力によって外付けRFスイッチが不要

    MAX49017
    1.7V、デュアルマイクロパワーコンパレータ、リファレンス内蔵

    • マイクロパワー動作電流によってバッテリ電力を維持:合計1.35µA (typ)、2.55µA (max)
    • 内部高精度リファレンスによって外部リファレンスのスペースとコストを節約
    • 1%以下(室温)、2.5%以下(全温度基準)

    MAX40660
    トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

    • AEC-Q100
    • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
    • MAX40660

    MAX40661
    トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

    • AEC-Q100
    • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
    • MAX40660