先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX2038の評価キット Feb 12, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 8チャネル構成
  • 超音波画像アプリケーション用に高集積
  • MAX2037とピンコンパチブル
  • VGAの特長
    • 最大利得、利得範囲、および出力換算ノイズを12ビットADCとのインタフェース用に最適化
      • 最大利得:29.5dB
      • 総合利得範囲:42dB
      • 超低出力換算ノイズ:22nV/ (5MHzの場合)
  • 絶対利得誤差:±0.25dB
  • チャネル当りの消費電力:120mW
  • 切替え可能な出力VGAクランプによってADCオーバードライブを排除
  • ダイレクトADC駆動用完全差動VGA出力
  • 可変利得範囲で42dBのダイナミックレンジを実現
  • HD2:-70dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzの場合)
  • ツートーン超音波IMD3:-52dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzの場合)
  • CWDミキサの特長
    • 低ミキササーマルおよびジッタノイズ:-155dBc/Hz (1.25MHzのキャリアから1kHzのオフセットの場合)
    • シリアル設定可能なLO位相ジェネレータによって4、8、16のLO直交位相分解能に対応
    • オプションのチャネル別4 x fLOのLO入力駆動性能
    • チャネル当りの消費電力:269mW (通常電力モード)および226mW (低電力モード)

アプリケーション/用途

  • ソナー
  • 超音波画像化

説明

MAX2038の評価キット(EVキット)は、8チャネル可変利得アンプ(VGA)および設定可能なオクタルミキサアレイのMAX2038の評価を容易にします。このEVキットは完全実装および出荷時試験済みです。EVキットの入力/出力ポートは標準的なSMBコネクタを備えているため、テストベンチ上で迅速かつ容易な評価ができます。MAX2038は12ビットADC性能に対応しています。

このデータシートには、デバイスを評価するために必要な試験機器リスト、機能検証のための分かりやすい試験手順、EVキット回路の説明、回路図、EVキットの部品表、およびPCB各層ごとのアートワークが記載されています。

技術資料

データシート MAX2038の評価キット Feb 12, 2010

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。