MAX2038

CWオクタル(8回路)ミキサ内蔵、超音波VGA

業界最高レベルの集積度を可能にする、初の全機能内蔵オクタル(8回路) VGA + CWドップラビームフォーマIC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2038は8チャネル可変利得アンプ(VGA)および設定可能なオクタル(8回路)ミキサアレイであり、超音波画像処理とドップラーアプリケーションを対象にして、高リニアリティ、広いダイナミックレンジ、および低ノイズ性能を実現するように設計されています。各アンプは、差動入力および出力と42dB (typ)の総利得範囲を特長としています。さらに、VGAは12ビットADCとのインタフェースに適した超低出力換算ノイズ性能を備えています。

MAX2038のVGAは±0.25dB未満の絶対利得誤差に最適化され、チャネル間の超音波ビーム形成フォーカス誤差を最小限に抑制します。デバイスの差動出力は、アンチエイリアシング用外付けパッシブフィルタを通じて超音波ADCを直接駆動するように設計されています。また、各アンプの出力はスイッチ可能なクランプを備えており、出力信号を制限して、ADCのオーバドライブや飽和を防止しています。

デバイスのダイナミック性能は、歪みを最小にするように最適化され、第2高調波の画像処理をサポートします。このデバイスは、VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて-70dBcの第2高調波歪みの仕様と、VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて-52dBcの超音波処理に特有な*ツートーン、3次相互変調歪みの仕様を満たしています。

MAX2038には、完全なCWビーム形成ソリューションのためのオクタル直交ミキサアレイと設定可能なLO位相ジェネレータも内蔵されています。各チャネルのLO位相の選択は、ディジタルシリアルインタフェースと単一の高周波数クロックを使用してプログラムするか、または個々の複合ミキサペアのLOを独立した4つのLOクロックを使用して直接駆動することができます。設定用インタフェースの配線を最小限に抑えるために、シリアルインタフェースは複数のデバイスを容易にデイジーチェーン接続可能なように設計されています。LO位相分周器は設定可能であり、4、8、または16の直交位相に対応します。各CWミキサの入力経路は、最適なCWDノイズ性能のための選択可能なローパスフィルタで構成されています。各ミキサの出力は、IおよびQ差動電流出力の形に集約されます。ミキサおよびLOジェネレータは、1.25MHzのキャリアから1kHzのオフセットで-155dBc/Hzという極めて低いノイズ性能を持つように設計されています。

MAX2038は+5.0V電源で動作し、チャネル当りの消費電力はVGAモードではわずか120mW、通常電力CWモードでは269mWです。低電力CWモードも提供されており、チャネル当りの消費電力はわずか226mWです。このデバイスは、エクスポーズドパッド付き、鉛フリー、100ピンTQFPパッケージ(14mm x 14mm x 1mm)で提供されます。電気的性能は、0℃~+70℃の温度範囲で保証されています。
MAX2038:ピン配置 MAX2038:ピン配置 拡大表示+

主な特長

  • 8チャネル構成
  • 高集積で超音波画像処理アプリケーションに最適
  • 超音波VGAのMAX2037とピンコンパチブル
  • VGAの特長
    • 最大利得、利得範囲、および出力換算ノイズを12ビットADCとのインタフェース用に最適化
      • 最大利得:29.5dB
      • 総合利得範囲:42dB
      • 5MHzで22nV/の超低出力換算ノイズ
    • 絶対利得誤差:±0.25dB
    • チャネル当りの消費電力:120mW
    • スイッチ可能な出力VGAクランプによってADCオーバドライブを排除
    • ダイレクトADC駆動用完全差動VGA出力
    • 可変利得範囲で42dBのダイナミックレンジを実現
    • HD2:-70dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて)
    • 超音波処理に特有な*ツートーンのIMD3:-52dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて)
  • CWドップラーミキサの特長
    • 低ミキサノイズ:-155dBc/Hz (1.25MHzのキャリアから1kHzのオフセットにおいて)
    • シリアル設定可能なLO位相ジェネレータによって4、8、16のLO直交位相分解能に対応
    • 必要に応じてチャネル別fLO × 4のLO入力駆動機能も選択可能
    • チャネル当りの消費電力:269mW (通常電力モード)および226mW (低電力モード)

アプリケーション/用途

  • ソナー
  • 超音波画像化

技術資料

アプリケーションノート 4455 コンパクトな超音波画像処理装置における連続波ドップラー(CWD)設計の課題

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX2038.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX3522B
DOCSIS 3.1 Programmable-Gain Amplifier

  • Delivers +68dBmV Output Power While Meeting DOCSIS 3.1 Requirements
  • Covers 5MHz–204MHz Output Bandwidth
  • Dual Outputs Eliminates Need for an External RF Switch

MAX49017
1.7V、デュアルマイクロパワーコンパレータ、リファレンス内蔵

  • マイクロパワー動作電流によってバッテリ電力を維持:合計1.35µA (typ)、2.55µA (max)
  • 内部高精度リファレンスによって外部リファレンスのスペースとコストを節約
  • 1%以下(室温)、2.5%以下(全温度基準)

MAX40660
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660

MAX40661
トランスインピーダンスアンプ、100mA入力電流クランプ内蔵、車載LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • MAX40660

種類 ID タイトル
評価ボード6088MAX2038EVKIT MAX2038の評価キット