先頭に戻る

超音波可変利得アンプ

39.5dBの最大利得、50dBのダイナミック利得範囲、-69dBcのHD2性能、および60nV/√Hzの出力に起因する低ノイズレベルを実現する全機能内蔵オクタル(8回路)超音波VGA

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 超音波可変利得アンプ Feb 28, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 8チャネル構成
  • 超音波画像処理アプリケーション向けに高集積
  • 超音波VGAおよびCWドップラービームフォーマのMAX2036とピンコンパチブル
  • 最大利得、利得範囲、および出力換算ノイズを10ビットADCとのインタフェース用に最適化
    • 最大利得:39.5dB
    • 総利得範囲:50dB
    • 5MHzで60nV/の超低出力換算ノイズ
    • 12ビットピンコンパチブル品はMAX2037/MAX2038
  • 絶対利得誤差:±0.5dB
  • スイッチ可能な出力VGAクランプによってADCオーバドライブを排除
  • ダイレクトADCドライブ用完全差動VGA出力
  • 可変利得範囲で50dBのダイナミックレンジを実現
  • HD2:-62dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて)
  • 超音波処理に特有な*ツートーンIMD3:-52dBc (VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて)
  • チャネル当りの消費電力:127mW

アプリケーション/用途

  • ソナー
  • 超音波画像化

説明

MAX2035は8チャネル、可変利得アンプ(VGA)であり、超音波画像処理とドップラーアプリケーションを対象にして、高リニアリティ、広いダイナミックレンジ、および低ノイズ性能用に設計されています。各アンプは、差動入力および出力と50dB (typ)の総利得範囲を備えています。また、VGAは、10ビットADCとのインタフェースに適した超低出力換算ノイズ性能を備えています。

MAX2035のVGAは±0.5dB以下の絶対利得誤差に最適化され、チャネル間の超音波ビーム形成フォーカス誤差を最小限に抑制します。デバイスの差動出力は、外付け受動アンチエイリアシングフィルタを通じて超音波ADCをじかに駆動するように設計されています。また、スイッチ可能なクランプも各アンプの出力に用意され、出力信号を制限するため、ADCのオーバドライブや飽和を防止します。

デバイスのダイナミック性能は歪みを低減するように最適化され、2次高調波画像処理に対応しています。このデバイスは、VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて-62dBcの2次高調波歪み規格と、VOUT = 1.5VP-PおよびfIN = 5MHzにおいて-52dBcの超音波処理に特有な*ツートーン、3次相互変調歪み規格を満たしています。

MAX2035は+5.0V電源で動作し、チャネル当りの消費電力はわずか127mWです。このデバイスは、エクスポーズドパッド付きの100ピンTQFPパッケージで提供されます。電気的性能は、0℃~+70℃の温度範囲にわたって保証されています。

簡易ブロック図

MAX2035:ファンクションダイアグラム MAX2035:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 超音波可変利得アンプ Feb 28, 2007

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。