MAX1351

デュアル、ハイサイド、電流検出アンプおよびドライブアンプ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1350~MAX1357は、2つのプログラマブルハイサイド電流検出アンプと2つのドライブアンプを単一パッケージに内蔵しています。

電流検出アンプは5V~32Vのコモンモード入力範囲を備え、検出電圧の倍数の電圧出力を提供します。コモンモード入力範囲は電源電圧とは独立しています。外付け検出抵抗器によって、電流検出アンプが監視する電流の範囲を設定します。ゼロまたは3mVの標準入力換算オフセット電圧を備えた2または10の利得が利用可能です。3mVのオフセットオプションは、オフセットのゼロ補正が必要なアプリケーションに最適です。

ドライブアンプは、最大±10mAの出力電流能力と高い出力容量性負荷耐性を備えています。出力トランジェントは、電源投入および電源切断中、±100mVに抑制されます。ドライブアンプは、ディジタル制御可能な高速接地出力クランプを備えています。ドライブアンプ出力は電流制限付きで、2または4の利得を備えています。

ドライブアンプは約4.75mAを消費し、また電流検出アンプはフルスケール検出入力で約250µAを消費します。シャットダウンモードでは、総消費電流は1µAを下回る値に低減します。

MAX1350~MAX1357は20ピンTSSOPパッケージで提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)で動作します。

MAX1350、MAX1351、MAX1352、MAX1353、MAX1354、MAX1355、MAX1356、MAX1357:標準アプリケーション回路 MAX1350、MAX1351、MAX1352、MAX1353、MAX1354、MAX1355、MAX1356、MAX1357:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 2または10の利得を備えたハイサイド電流検出アンプ
  • 電流検出精度:±1%
  • 広いコモンモード電圧範囲:5V~32V (電源電圧とは独立)
  • ±10mAのゲート駆動で、調整可能な低ノイズ0~5V、または0~10Vの出力電圧範囲
  • ドライブアンプは高速接地クランプを装備

アプリケーション/用途

  • セルラ基地局
  • 産業用プロセス制御
  • パワーアンプ
信頼性レポートをリクエスト: MAX1351 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX49140
30ns, Low-Power, 3V/5V, Rail-to-Rail Single-Supply Comparator

  • Fast, 30ns Propagation Delay (10mV Overdrive)
  • Low-Power 100μA Supply Current (VDD = 3V)
  • Optimized for 3V and 5V Applications

MAX40108
1V, Low-Power, Precision Operational Amplifier

  • Supply Voltage Range: 0.9V to 3.6V
  • Low 25.5µA Quiescent Current
  • Very Low 1μV (typ) Input Offset Voltage

MAX32000
高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供

MAX40662
クワッドトランスインピーダンスアンプ、入力電流クランプおよびマルチプレクサ内蔵、LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • マルチプレクサ内蔵

MAX40027
デュアル280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時のばらつき:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V