先頭に戻る

シングル/デュアル/クワッド、汎用、低電圧、レイルトゥレイル出力オペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • LMV321/LMV358/LMV324ファミリのアップグレード製品
  • 電源電圧範囲:単一+2.3V~+7V
  • 省スペースパッケージ
    • 5ピンSC70 (LMX321)
    • 8ピンSOT23 (LMX358)
    • 14ピンTSSOP (LMX324)
  • 利得帯域幅積:1.3MHz
  • 1アンプ当たりの静止電流:105µA (VCC = +2.7V)
  • オーバドライブ入力に対して位相反転なし
  • クロスオーバ歪みなし
  • レイルトゥレイル出力スイング
  • 入力コモンモード電圧範囲:VEE - 0.2V~VCC - 0.8V
  • 2kΩ負荷抵抗をドライブ

アプリケーション/用途

  • アクティブフィルタ
  • 車載用センサー
  • 基地局/ワイヤレスインフラ
  • 携帯電話
  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、およびサーバ
  • コンピュータ:マザーボード
  • コンピュータ:ノートブック
  • コードレス電話
  • GPSソリューション
  • ラップトップコンピュータ
  • 低電力、低電圧アプリケーション
  • MP3ドッキングステーション:中レベル
  • ポータブルバッテリ駆動機器
  • プログラマブルロジックコントローラ(PLC)
  • セットトップボックス

説明

LMX321/LMX358/LMX324は、シングル/デュアル/クワッド、低コスト、低電圧デバイスで、汎用オペアンプLMV321/LMV358/LMV324ファミリに対しピンコンパチブルのアップグレード製品です。これらのデバイスは、レイルトゥレイル出力と、グランド以下に拡がる(入力コモンモードを備えています。また、これらのオペアンプは1アンプ当たりの静止電流はわずか105µAで、+2.3V~+7Vの単一電源で動作し、両レイルから40mV以内で2kΩの負荷抵抗をドライブします。さらに、LMX321/LMX358/LMX324は、最大400pFまでの容量性負荷をドライブできる1.3MHz利得帯域幅積のユニティゲイン安定です。低電圧、低コスト、および小型パッケージサイズの組み合わせによって、これらのアンプはポータブル/バッテリ駆動機器に最適化されています。

LMX321シングルオペアンプは、超小型5ピンSC70パッケージおよび省スペース5ピンSOT23パッケージで提供されています。LMX358デュアルオペアンプは、超小型8ピンSOT23またはµMAX®パッケージで提供されます。LMX324クワッドオペアンプは、14ピンTSSOPおよびSOパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

LMX321、LMX324、LMX358:ピン配置 LMX321、LMX324、LMX358:ピン配置 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。