先頭に戻る

チョッパスタビライズド・オペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート チョッパスタビライズド・オペアンプ Feb 21, 2000

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ICL7650/53 are Improved Second Sources to ICL7650B/53B
  • Lower Supply Current: 2mA
  • Low Offset Voltage: 1µV
  • No Offset Voltage Trimming Needed
  • High-Gain CMRR and PSRR: 120dB min
  • Lower Offset Drift with Time and Temperature
  • Extended Common-Mode Voltage Range
  • Low DC Input Bias Current: 10pA
  • Monolithic, Low-Power CMOS Design

アプリケーション/用途

  • コンディションアンプ
  • 計測アンプ
  • 高精度アンプ
  • 歪みゲージ
  • サーミスタ
  • 熱電対

説明

Maxim's ICL7650/ICL7653 are chopper-stabilized amplifiers, ideal for low-level signal processing applications. Featuring high performance and versatility, these devices combine low input offset voltage, low input bias current, wide bandwidth, and exceptionally low drift over time and temperature. Low offset is achieved through a nulling scheme that provides continuous error correction. A nulling amplifier alternately nulls itself and the main amplifier. The result is an input offset voltage that is held to a minimum over the entire operating temperature range.

The ICL7650B/ICL7653B are exact replacements for Intersil's ICL7650B/ICL7653B. These devices have a 10µV max offset voltage, a 0.1µV/°C max input offset voltage temperature coefficient, and a 20pA max bias current—all specified over the commercial temperature range.

A 14-pin version is available that can be used with either an internal or external clock. The 14-pin version has an output voltage clamp circuit to minimize overload recovery time.

簡易ブロック図

ICL7650、ICL7650B:標準動作回路 ICL7650、ICL7650B:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート チョッパスタビライズド・オペアンプ Feb 21, 2000

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。