アンプ

マキシムは、信号調整、監視、および制御アプリケーション用に幅広い品揃えのアンプおよびコンパレータを提供しています。

マキシムのオペアンプを使って、アンプ、コンパレータ、対数アンプ、フィルタ、発振器、データコンバータ、レベルトランスレータ、リファレンスなどを作ることができます。また、それらを使って加算、減算、乗算、および積分などの数値演算を実現することもできます。

コンパレータは1ビットADCに類似しています。簡素なコンパレータは、負のフィードバックのないオペアンプを使って実装することができます。この実装は、高い電圧利得によって入力電圧の非常に小さい差を分解することができます。しかし、オペアンプには、ヒステリシスや内部リファレンスなどコンパレータが通常備えている特殊機能がなく、通常はマキシムの専用コンパレータICより大幅に低速です。

電流検出アンプ(CSA)は、シャント(検出)抵抗を流れる電流を監視し、システム負荷のクローズドループフィードバックを提供します。マキシムの電流検出アンプは、過電流保護や電力監視システムの最適化など、広範なアプリケーション用に最適化されています。マキシムは、ハイサイド検出とローサイド検出の両方、および検出抵抗を通って流れる片方向または双方向の電流用の広範囲の電流検出アンプを提供しています。

マキシムの特殊アンプは、広範なアプリケーションに最適な複数の機能を備えています。この製品グループには、差動アンプ、計測/差分アンプ、対数アンプ、プログラマブルゲインアンプ、コンパレータ/リファレンス内蔵アンプ、および設定可能な電圧/電流ドライバが含まれます。

注目製品



MAX49140
30ns, Low-Power, 3V/5V, Rail-to-Rail Single-Supply Comparator

  • Fast, 30ns Propagation Delay (10mV Overdrive)
  • Low-Power 100μA Supply Current (VDD = 3V)
  • Optimized for 3V and 5V Applications

MAX40108
1V, Low-Power, Precision Operational Amplifier

  • Supply Voltage Range: 0.9V to 3.6V
  • Low 25.5µA Quiescent Current
  • Very Low 1μV (typ) Input Offset Voltage

MAX32000
高速クワッドドライバ、DAC、ケーブルドループ補償、スルーレート制御、およびVHH第4レベル駆動内蔵

  • 高速での低電力によってドライバ性能を最大化
  • 内蔵機能によって付加価値機能を提供

MAX40662
クワッドトランスインピーダンスアンプ、入力電流クランプおよびマルチプレクサ内蔵、LiDAR用

  • AEC-Q100
  • ASIL準拠を実現(FMEDAは請求に応じて提供)
  • マルチプレクサ内蔵

MAX40027
デュアル280ps高速コンパレータ、超低ばらつき、LVDS出力

  • 高速伝播遅延:280ps (typ)
  • 低いオーバードライブ時のばらつき:25ps (VOD = 10mV~1V)
  • 電源電圧:2.7V~3.6V

タイトル 更新日
オーディオの製品ガイド
(PDF, 2.14 MB)
132014-04-09