先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/analog/amplifiers

マキシムは、信号調整、監視、および制御アプリケーション用に幅広い品揃えのアンプおよびコンパレータを提供しています。

マキシムのオペアンプを使って、アンプ、コンパレータ、対数アンプ、フィルタ、発振器、データコンバータ、レベルトランスレータ、リファレンスなどを作ることができます。また、それらを使って加算、減算、乗算、および積分などの数値演算を実現することもできます。

電流検出アンプ(CSA)は、シャント(検出)抵抗を流れる電流を監視し、システム負荷のクローズドループフィードバックを提供します。マキシムの電流検出アンプは、過電流保護や電力監視システムの最適化など、広範なアプリケーション用に最適化されています。マキシムは、ハイサイド検出とローサイド検出の両方、および検出抵抗を通って流れる片方向または双方向の電流用の広範囲の電流検出アンプを提供しています。

マキシムの特殊アンプは、広範なアプリケーションに最適な複数の機能を備えています。この製品グループには、差動アンプ、計測/差分アンプ、対数アンプ、プログラマブルゲインアンプ、コンパレータ/リファレンス内蔵アンプ、および設定可能な電圧/電流ドライバが含まれます。

オペアンプ

オペアンプはアナログ信号の調整に重要な役割を果たします。多くの種類のオペアンプ、そしてそれを活用するアプリケーション性能を引き出す多くのパラメーターがあります。

電流検出

電流検出アンプ(CSA)は、シャント(検出)抵抗を通って流れる電流を監視し、システム負荷のクローズドループフィードバックを提供します。電流検出アンプは、過電流保護および電力監視システムの最適化を含む広範囲のアプリケーション用に最適化されています。

特殊アンプ

マキシムは、差動出力アンプ、計測/差動アンプ、ログアンプおよびプログラマブルゲインアンプなどの広範囲のアプリケーションに最適な特化された動作および複数機能を備えたアンプを提供しています。

お客様の声

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

注目のブログ

最新ブログ

信号モニタリングアプリケーションの診断機能を簡素化しつつ内部回路に給電する

June 16, 2021

産業用システムでは、機器内の奥深くに起因するフィールド側の障害を防止することができるかどうかが、自動化された工場などで連続したアップタイムを実現することができるか、それとも生産停止によって巨額の損失を被るかの分かれ目になる場合があります。

インダクタの選択を容易にする2つのツール

May 28, 2021

EE-Sim設計ツールはユーザーのカスタム要件から始めて、基本的なインダクタの選択を含む包括的なコンバータ設計を1分足らずで提示します。しかし、インダクタの選択プロセスに深く立ち入り、もっと関与したいと考えるなら、Würthの新しいREDEXPERTツールを検討しましょう。

Smart Wake-up for Security and Home Monitoring Cameras

May 19, 2021

A combination of the ultra- low power Artificial Intelligence (AI) processor and pattern recognition models greatly enhances smart wake up by detecting one or more people in the field of view with minimum power.

外出用バイタル監視およびゲームプラットフォーム

April 01, 2021

私のプロジェクトは、マキシムの低電力SIMO PMIC、m5残量ゲージ、およびセンサーを備えた「外出用」ゲームプラットフォームのデモです。このプラットフォームでは、バイタルを追跡したり、クラシックなブロック崩しゲームをプレイすることができます。

Assistant Excellence Conference - It Takes Two

March 12, 2021

The annual Assistant Excellence Conference (AEC) provides professional development for Maxim global assistants and is produced by the Maxim assistant community.

スマート化が進む家庭—しかしハッカーに対するセキュリティは大丈夫か?

March 09, 2021

確かに、自宅の照明、温度、セキュリティシステム、さらには家電製品までスマートフォンから制御することができるのは便利です。しかし、これらのモノのインターネット(IoT)機器は、ハッカーの侵入から安全に保護されているでしょうか?

Slash Power Dissipation with Maxim’s Industrial Protected Low-Side Digital Output Solution

February 23, 2021

Greatly reduce power dissipation and shrink form factor with a highly robust integrated digital output solution, the MAX14919.

あなたの電気自動車にAMラジオは付いていますか?ないかも知れません

February 09, 2021

このデジタル時代でもAMラジオは依然として重要な役割を担っていますが、電気自動車(EV)でこの帯域を提供するのは難しい課題です。

小型ショットキーダイオードが同期整流コンバータのノイズをどのように最小化するか

February 01, 2021

小型のショットキーダイオードがノイズの最小化にどのように役立つかを探求し、この技法がどのような場合にどのように有効かについての理解を深めましょう。

センサー/マスターの設計入門書、IO-Linkハンドブック

January 22, 2021

IO-Linkプロトコルは、柔軟な生産を可能にすることによって工場のスループットと操業効率の向上に寄与している技術の1つです。このプロトコルを介して、従来のセンサーはインテリジェントセンサーになり、技術者を工場のフロアに派遣してセンサーの交換や再較正を行う必要がなくなります。

注目製品

MAX9929 -0.1V~+28Vの入力範囲、マイクロパワー、片/双方向、電流検出アンプ

MAX9929 -0.1V~+28Vの入力範囲、マイクロパワー、片/双方向、電流検出アンプ

低コスト、片/双方向、ハイサイド、電流検出アンプのMAX9928F/MAX9929Fは、ノートブック、携帯電話その他のポータブル機器におけるバッテリ充電/放電の電流監視に最適です。これらのデバイスは、-0.1V~+28Vの幅広い入力コモンモード電圧範囲、0.4mV以下のVOSで20µAの少ない消費電流、および1.0%より優れた利得精度を備えています。入力コモンモード範囲は、電源電圧から独立しているため、測定レイルがグランド短絡された場合でも、電流検出情報が高精度を維持することを保証します。

MAX9928Fは、トランスコンダクタンス比が5µA/mVの電流出力が特長です。外付け抵抗が出力電流を電圧に変換するため、入力検出電圧が最大のADC入力振幅にマッチングすることができるような可変利得が可能です。MAX9929Fは、1つの電圧出力があり、1つの10kΩの出力抵抗を内蔵し、固定電圧利得は50V/Vとなります。

デジタルSIGN出力は、電流フローの方向を示すため、ユーザは、電流の充電および放電の両方の測定にADC入力範囲を最大に利用することができます。

MAX9928F/MAX9929Fは-40℃~+125℃の自動車用温度範囲が完全保証されており、6ピンUCSP™パッケージ(1mm x 1.5mm)と8ピンµMAX®パッケージで提供されます。UCSPパッケージは、MAX4372_EBTとピンコンパチブルです。

MAX40213EVKIT MAX40213の評価キット

The MAX40213 evaluation kit (EV kit) is a fully assembled electrical demonstration kit that provides a proven design to evaluate the MAX40213 transimpedance amplifiers. Included in the EV kit are two different output circuits to accommodate different

MAX40213 Transimpedance Amplifiers with Selectable Gain and Input Current Clamp

The MAX40213 is a transimpedance amplifier for optical distance measurement receivers in LiDAR applications. Low noise, high gain, low group delay, and fast recovery from overload make this TIA ideal for distance-measurement applications. Important fe
MAX4489 SOT23、低ノイズ、低歪み、広帯域、レール・ツー・レールオペアンプ

MAX4489 SOT23、低ノイズ、低歪み、広帯域、レール・ツー・レールオペアンプ

広帯域、低ノイズ、低歪みオペアンプのMAX4475~MAX4478/MAX4488/MAX4489は、レール・ツー・レール出力を備え、最低2.7Vの単一電源で動作します。これらのデバイスは、各アンプの自己消費電流が2.2mAで、超低歪み(THD+N:0.0002%)、低入力電圧ノイズ密度(4.5nV/)、および低入力電流ノイズ密度(0.5fA/)を特長としています。これらの特長によって、これらのデバイスは、低歪みや低ノイズが求められるアプリケーションに最適な選択肢です。

節電のため、MAX4475/MAX4488は消費電流を0.01µAに低減してアンプの出力をハイインピーダンス状態にする低電力シャットダウンモードを備えています。これらのアンプはレール・ツー・レールでスイングする出力を備え、アンプの入力コモンモード電圧範囲にはグランドが含まれています。MAX4475~MAX4478は、ユニティゲイン安定で、利得帯域幅積が10MHzです。MAX4488/MAX4489は、+5V/V以上の利得に対して内部で補償されており、利得帯域幅積が42MHzです。シングルのMAX4475/MAX4476/MAX4488は、省スペース6ピンSOT23およびTDFNパッケージで提供されます。
MAX2679 GPS/GNSS超低電流ローノイズアンプ

MAX2679 GPS/GNSS超低電流ローノイズアンプ

MAX2679およびMAX2679Bは、GPS L1、Galileo、およびGLONASSアプリケーション用に設計されたローノイズアンプ(LNA)です。これらのデバイスは、高利得と低ノイズ指数を実現するとともに、入力換算1dB圧縮ポイントおよび3次インターセプトポイントを最大化します。MAX2679は優れた性能を実現しながら消費電流はわずか1mAで、0.95dBのノイズ指数を提供します。MAX2679Bは優れた性能を実現しながら消費電流はわずか650µAで、1.03dBのノイズ指数を提供します。

MAX2679/MAX2679Bは+1.08V~+1.98Vの単一電源で動作します。これらのデバイスは超小型、鉛フリー、RoHS準拠のウェハレベルパッケージ(WLP) (0.83mm x 0.83mm)で提供されます。

デザインソリューション:Empower Wearable Electronics by Turning Down the Current ›

MAX40204EVKIT MAX40204の評価キット

The MAX40204 evaluation kit (EV kit) is designed to evaluate the MAX40204ANA+, a precision bidirectional current-sense amplifier with wide common-mode input in an 8-bump WLP package. The EV kit provides bidirectional and unidirectional current-sensing

MAX41400EVKIT MAX41400の評価キット

MAX41400の評価キット(EVキット)は、9ピンウェハレベルパッケージ(WLP)に実装された設定可能な利得を備えた低電力高精度計測アンプのMAX41400を評価するための実証済みデザインを提供します。MAX41400は、10V/V~200V/Vの選択可能な利得を内蔵しています。MAX41400のEVキットは、異なるジャンパ設定によって異なるデバイス利得を設定することができます。このEVキットは1.7V~3.6Vの単一電源電圧、または±0.85V~±1.8Vを提供するデュアル電源で動作します。

MAX41400 低電力、高精度計測アンプ、設定可能な利得内蔵

MAX41400は低電力、高精度計測アンプで、入力端子を介して設定可能な利得を備えています。

このデバイスは省スペース、9ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (0.4mmピッチ)で提供され、ポータブル医療用および産業用センサーアプリケーションで使用するために設計されています。

このデバイスは、RF妨害およびEMIから保護するためのEMIフィルタを内蔵しています。内部固定利得は10V/V~250V/Vの範囲で選択することができます。利得設定抵抗はデバイス内部に位置するため、温度範囲にわたる利得ドリフト変動が最小限に抑えられます。

MAX41400はレール・ツー・レールCMOS入出力、わずか65µA (typ)の消費電流で28kHzの-3dB帯域幅、および時間と温度にわたって25µV (max)のゼロドリフト入力オフセット電圧を備えています。ゼロドリフト機能はCMOS入力アンプで通常見られる高い1/fノイズを除去するため、このデバイスは多様な低周波測定アプリケーションで役立ちます。

MAX41400は1.7V~3.6Vの電源電圧で動作し、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

MAX4232 シャットダウン付き、高出力ドライブ、10MHz、10V/µs、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ、SC70

MAX4232 シャットダウン付き、高出力ドライブ、10MHz、10V/µs、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ、SC70

シングル/デュアル/クワッド、高出力ドライブCMOSオペアンプのMAX4230~MAX4234は、2.7V~5.5Vの単一電源で、ピーク出力電流200mA、レール・ツー・レールの入力、および出力能力を備えています。これらのアンプは、スルーレートが10V/µsと高く、利得帯域幅積(GBWP)が10MHzです。MAX4230~MAX4234は、標準のヘッドセットレベル(32Ω)を駆動することができ、さらに無線電話機アプリケーションでRFパワーアンプ(PA)にバイアスを供給することができます。

MAX4230は小型5ピンSC70パッケージで提供され、シャットダウン付きシングルのMAX4231は6ピンSC70パッケージおよび1.5mm x 1.0mmのUCSPおよびThin µDFNパッケージで提供されます。デュアルオペアンプのMAX4233は、省スペース10ピンチップスケールパッケージ(UCSP)で提供され、シャットダウン付きデュアルオペアンプとしては最小の実装面積を実現します。

これらのオペアンプは、PA制御回路の一部として設計されており、無線ヘッドセットのRF PAにバイアスを供給します。MAX4231/MAX4233は、出力をローレベルに駆動するアクティブローSHDN機能を備えています。この機能によって、RF PAは必要なときに完全にディセーブルされるため、信号が無切替えのままRFアンテナに供給されることがなくなります。
MAX4230 シャットダウン付き、高出力ドライブ、10MHz、10V/µs、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ、SC70

MAX4230 シャットダウン付き、高出力ドライブ、10MHz、10V/µs、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ、SC70

シングル/デュアル/クワッド、高出力ドライブCMOSオペアンプのMAX4230~MAX4234は、2.7V~5.5Vの単一電源で、ピーク出力電流200mA、レール・ツー・レールの入力、および出力能力を備えています。これらのアンプは、スルーレートが10V/µsと高く、利得帯域幅積(GBWP)が10MHzです。MAX4230~MAX4234は、標準のヘッドセットレベル(32Ω)を駆動することができ、さらに無線電話機アプリケーションでRFパワーアンプ(PA)にバイアスを供給することができます。

MAX4230は小型5ピンSC70パッケージで提供され、シャットダウン付きシングルのMAX4231は6ピンSC70パッケージおよび1.5mm x 1.0mmのUCSPおよびThin µDFNパッケージで提供されます。デュアルオペアンプのMAX4233は、省スペース10ピンチップスケールパッケージ(UCSP)で提供され、シャットダウン付きデュアルオペアンプとしては最小の実装面積を実現します。

これらのオペアンプは、PA制御回路の一部として設計されており、無線ヘッドセットのRF PAにバイアスを供給します。MAX4231/MAX4233は、出力をローレベルに駆動するアクティブローSHDN機能を備えています。この機能によって、RF PAは必要なときに完全にディセーブルされるため、信号が無切替えのままRFアンテナに供給されることがなくなります。